ライオン、使用済みハブラシをリサイクル

2015年5月25日 18:08

印刷

ライオンが実施する使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムの概要を示す図。(写真:ライオンの発表資料より)

ライオンが実施する使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムの概要を示す図。(写真:ライオンの発表資料より)[写真拡大]

  • 参加登録の流れ(ライオンの発表資料より)

 ライオンは25日、テラサイクルジャパン合同会社と提携し、25日から使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムを開始すると発表した。

 このプログラムは、誰でも参加できる。希望者は、個人・学校・団体などの単位で事前に参加登録し、使用済みのハブラシを集める。学校や施設であれば、回収ボックスなどを設置し、多くの方からの収集が可能となる。集めた使用済みハブラシは指定運送業者が集荷する。

 参加者には、集めた重量に応じてポイントが付与され、そのポイント数に応じて、ハブラシをリサイクルして作られたプラスティック製品(プランターなど)との交換や教育支援・地域支援などの寄付に換えることができる。テラサイクルは、ハブラシの回収からリサイクル加工、プログラム参加者が希望する場所へのリサイクル品寄贈までの運営を担当し、ライオンはそのコストを負担する。

関連記事