3Dプリントされたゼータ関数、発売中

2015年5月7日 13:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maruto! 曰く、 4月に開催されたニコニコ超会議2015内のニコニコ学会β第8回シンポジウムにてtsujimotter氏が公開した「触れるゼータ関数」が、DMM.makeのクリエイターズマーケットで販売中となっている。

 ゼータ関数の複素平面を3Dプリンタで出力したもので、廉価版のミニエディション(実部-11〜14 まで、虚部-25〜25。ゼロ点の数は6個)と、豪華版のフルエディション(実部-11〜14、虚部-50〜50。ゼロ点の数は20個)の2種類。価格はミニエディションが4,001円〜59,999円(税込)、フルエディションは素数の298,999円。

 また、フルエディションには特典として作者のtsujimotter氏に「数学を語ってもらえる券」(日時・内容は応相談)が付属するというまさに誰得な仕様となっている。数学に興味のある方、ゼロ点のクリティカル・ラインを撫でまわしてウハウハしたい方は購入を検討してみるのもよいかもしれない。

 スラッシュドットのコメントを読む | サイエンスセクション | 変なモノ | サイエンス | 数学

 関連ストーリー:
3Dプリンタで作ったチタン製自転車パーツ 2015年04月16日
DMMとAdobeが提携、Photoshopで作成した3Dデータのプリントに対応 2014年06月30日
DMM、3Dプリントサービスを開始 2013年07月04日
リーマン予想解決される? 2004年06月10日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース