阪大など、自閉スペクトラム症者の知覚を体験できるシミュレータを開発

2015年3月17日 21:54

小

中

大

印刷

環境からの視聴覚信号とそれにより引き起こされる自閉スペクトラム症者の知覚過敏や知覚鈍麻の症状を示す図(大阪大学などの発表資料より)

環境からの視聴覚信号とそれにより引き起こされる自閉スペクトラム症者の知覚過敏や知覚鈍麻の症状を示す図(大阪大学などの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 大阪大学の長井志江特任准教授らによる研究グループは、自閉スペクトラム症者の特異な知覚世界を体験することのできる、ヘッドマウントディスプレイ型知覚体験シミュレータを開発した。

 人間の脳では感覚器から入力された信号を時空間的に統合することで環境認識や行動決定を行いっているが、自閉スペクトラム症では、その統合能力が定型発達者と異なることにより、高次の認知機能である社会的能力に問題が生じたり、知覚過敏や知覚鈍麻などの特異な知覚症状が現れたりする。

 今回の研究では、「特異な知覚」という主観的な経験を客観的かつ定量的に評価するため、画像・音声処理技術を用いてさまざまな知覚過敏・知覚鈍麻のパターンを画像フィルタとして用意し、自閉スペクトラム症者が日常生活の経験に基づいて、自己の知覚世界を構成的に評価・報告できるシステムを開発した。

 さらに、これを活かして自閉スペクトラム症者の知覚世界をリアルタイムで体験することのできる、ヘッドマウントディスプレイ型知覚体験シミュレータを開発し、自閉スペクトラム症者の非定型な知覚が引き起こす社会性の困難さを、主観的に評価することのできるシステムを実現した。

 今後は、自閉スペクトラム症者にとって真に有益な支援法を提案することに繋がると期待されている。

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース