JR倉敷駅に商業施設「さんすて倉敷」がGWにオープン

2015年3月17日 12:06

小

中

大

印刷

倉敷駅ビル外観(西日本旅客鉄道の発表資料より)

倉敷駅ビル外観(西日本旅客鉄道の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 JR倉敷駅(岡山県)の駅ビル内に商業施設「サンステーションテラス倉敷」(愛称:さんすて倉敷)が4月27日にオープンする。

 倉敷駅ビルではホテル撤退などがあり、2012年度から減築工事を進めていた。このほど減築工事が終了し、3つの日本初出店ブランドを含む20店舗、店舗面積約2,400平方メートルからなる新たな商業ゾーンをオープンすることになった。「さんすて倉敷」は、「さんすて岡山」、「さんすて福山」に続く「さんすて」シリーズの3施設目。

 施設デザインは、倉敷の少しレトロな雰囲気と、モダンなデザインの融合をテーマとし、2階の東西ファサードには、倉敷の伝統的な白壁土蔵造をイメージした漆喰風の壁や腰壁タイルを使用したという。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース