店頭で携帯を使って価格チェックする日本人は約3割 海外より消極的=GfK

2015年2月24日 19:07

小

中

大

印刷

「店頭にいる間、携帯電話を使用してどのようなことを よく行っていますか?」との質問に対するグローバルと日本の回答割合を示す図(GfKの発表資料より)

「店頭にいる間、携帯電話を使用してどのようなことを よく行っていますか?」との質問に対するグローバルと日本の回答割合を示す図(GfKの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 GfKは24日、23カ国の携帯電話利用者に対して、小売店舗にいる際、携帯電話をどのように使っているかを調べた調査結果を発表した。それによると、携帯電話を使用して店頭で価格比較する利用者はグローバル(23カ国全体)では4割、日本では約3割だった。「製品の写真を撮る」「バーコードをスキャンする」などの項目でも日本はグローバルを下回り、店舗で携帯電話を利用することに消極的な傾向が見られた。

 携帯電話の店舗での利用方法のうち、グローバルでは、「価格比較」と「友人や家族にアドバイスを貰う」の割合が最も高く、それぞれ40%に達した。次いで「購入検討製品の写真を撮る」が36%を占めた。

 日本の状況をみると、「価格比較」が29%を占め最多となり、「製品情報取得のためにバーコードやQRコードをスキャンする」が18%でこれに続いた。また、「購入検討製品の写真を撮る」は17%、グローバルではトップであった「友人や家族にアドバイスを貰う」は16%にとどまった。

 また、店頭で携帯電話を使用して価格比較するとした割合を年代別にみると、20歳代が最も高く、グローバルで20歳代が49%を占めた。日本では、20歳代では40%、30歳代では36%、15~19歳では32%に達したのに対し、50歳代、60歳以上では15%以下にとどまった。また、男性の方が女性より価格比較を実施している割合が高いことが明らかになった。

 さらにこの「価格比較」の割合を国別にみると、日本では29%だったが、韓国では59%、中国では54%、トルコでは53%と過半数に達していた。こうした国では、インターネット上での価格競争が日常的に店頭に持ち込まれている状況がうかがえる。

 今回の調査の実施国は、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリス、ウクライナ、アメリカ合衆国の23カ国。15歳以上の携帯電話使用者約2万5,000人を対象に、2014年夏、インターネット調査および対面調査にて実施された。(宮野 浩)

「ケータイ・スマホ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース