企業で働く人たちが暮らしやすい国へ 民主・海江田氏

2014年11月30日 15:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民主党の海江田万里代表は「安倍総理は日本を世界で一番企業が活躍しやすい国にすると言っているが、私たちは企業で働く人たちが暮らしやすい国をつくりたい」と政治スタンスの違いをアピールした。

 また「分厚い中間層が日本の強さであり、民主党の政策の『1丁目1番地』。人への投資を増やすことが正しい景気回復への道」と語った。

 枝野幸男幹事長は「強い者に引っ張られて皆の暮らしを良くするのではなく、強い者をより強くするために誰かが犠牲になっている」と安倍政権の政策を批判。

 「農家の戸別所得補償制度や年金・医療・介護の改革など、私たちが政権時代にやりかけたことは間違っていなかったと自信を持っている」とアピールした。

 また「勢力が伯仲すれば国民の声を背景に充分ブレーキをかけることができる。今の流れに歯止めをかけるという形で国民の期待に応えていく」考えを示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
各党 消費税の扱いは・・・
消費税5%へ 所得税累進性強化や物品税導入
民主に反論、アベノミクス途半ば 菅長官
岡田民主代表代行が安倍総理のやり方に危機感
東日本大震災被災地に人と資材の集中必要

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。