DNP、商品パッケージに写真を15秒で印刷できる自販機「Prio」を開発

2014年10月5日 12:47

小

中

大

印刷

大日本印刷(DNP)が開発した、菓子や飲料などの商品のパッケージなどに好きな写真や文字などをその場で印刷できる自動販売機「Prio(プリオ)」

大日本印刷(DNP)が開発した、菓子や飲料などの商品のパッケージなどに好きな写真や文字などをその場で印刷できる自動販売機「Prio(プリオ)」[写真拡大]

写真の拡大

  • 大日本印刷(DNP)が開発した、菓子や飲料などの商品のパッケージなどに好きな写真や文字などをその場で印刷できる自動販売機「Prio(プリオ)」
  • 大日本印刷(DNP)が開発した、菓子や飲料などの商品のパッケージなどに好きな写真や文字などをその場で印刷できる自動販売機「Prio(プリオ)」

 大日本印刷(DNP)は3日、菓子や飲料などの商品のパッケージなどに、好きな写真や文字などをその場で印刷できる自動販売機「Prio(プリオ)」を開発したと発表した。観光地やアミューズメント施設などへの設置を目的に作られたもので、食品や日用品などの企業向けに2015年4月から販売を開始する予定。価格は500万円(税抜)~。

 本製品を、自販機内に格納された商品のパッケージに、4色インクジェット方式で、約15秒で写真を印刷する。印刷可能な写真は、その場で撮影した写真、挿入した手持ちのSDメモリーカードの写真、Wi-Fiでの通信が可能なスマートフォン内の写真、機器内にあらかじめインストールされた写真の4種類。

 本製品のサイズは、幅600×奥行500×高さ900(下段の貨幣取扱い部を含むと1800)(mm)で、質量は約240kg。

 同社では、10月7日から10日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「2014東京国際包装展(TOKYO PACK 2014)」にて本製品のプロトタイプ機を出展するという。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

関連記事