韓流 RSS

 

活動再開の少女時代TTS、タイトルチューン『Holler』PVを電撃公開

2014年9月18日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:韓流STARS

少女時代発のユニットTTS(テティソ)の新曲『Holler』PVが公開となった。写真=SMエンターテインメント

少女時代発のユニットTTS(テティソ)の新曲『Holler』PVが公開となった。写真=SMエンターテインメント[写真拡大]

写真の拡大

 少女時代発のユニットTTS(テティソ)の新曲『Holler』PVが公開となった。
 TTSは17日、公式ホームページ(http://girlsgeneration-tts.smtown.com)やFacebook SMTOWNページ(http://www.facebook.com/smtown)上でセカンドミニアルバムのタイトルチューン『Holler』のPVを公開。全世界のファンの熱烈な反響を呼びそうだ。

 ホン・ウォンギ監督が演出した今回のPVは、仮想の『Holler』ホテルで起きるハプニングを1人称の視点(Point Of View)で描くという内容。TTSの洗練されたパフォーマンスやファッション、華麗でスタイリッシュなセットなど見どころも多様。さらにハイスピードカメラPHANTOM、MOVIなど特殊機材を使った各種の撮影技法による映像美も加わり、世間の注目を集めるのは必至だ。

 16日正午から各音楽配信サイトで新譜をリリースしたTTSは、タイトルチューン『Holler』が国内8つの音楽サイトのリアルタイムチャートで1位を記録しただけでなく、他の収録曲もファンの大反響を得ており、配信サイト強者らしいTTSの威信を改めて示した形だ。

 また、同日iTunesでも全世界にリリースされたニューアルバム『Holler』は香港、タイ、台湾、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ブルネイのアジア9地域の総合アルバムチャートで1位を記録する快挙を成し遂げた。そしてジャンル別カテゴリーのポップアルバムチャート順位でもフィンランドで2位、スウェーデンで3位、日本で2位、米国で9位、カナダで9位、オーストラリアで11位になるなど各国チャートの上位圏にランクインし、TTSのグローバルな人気ぶりを立証した。

 16日に活動再開ショーケース『Holler』を成功的に終えたTTSは、18日のMnet『エムカウントダウン』をはじめ20日のMBC『ショー!K-POPの中心』、21日のSBS『人気歌謡』などの音楽番組で活動再開ステージを披露後、本格的なプロモーションに乗り出して歌謡界の耳目を集めると予想される。

 TTSの新譜『Holler』は18日に店頭でも発売の予定。(翻訳:中島礼子)

※このニュースは韓流STARSからの提供です。韓流STARSでは、韓国の人気俳優、K-POPアーティストの最新ニュースを配信しています。

関連記事