集団的自衛権行使容認に若年層に反対の声増加

2014年8月5日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本共産党の志位和夫委員長は4日、共同通信の世論調査(8月2日、3日)で集団的自衛権の行使容認に賛成が31.3%、反対が60.2%と前回調査(7月)に比べ、賛成が3.3ポイント減少し、反対が5.8ポイント増えたこと。特に20代から30代の若い層では賛成が24.5%、反対が69.7%と、前回に比べ、賛成が13.9ポイント減少し、反対が17.9ポイントと大幅増加したことに「若い世代が真剣に考え、声をあげ始めている」と歓迎した。

 また、集団的自衛権の行使容認の閣議決定について84.1%が「十分に説明しているとは思わない」と回答し、憲法と外交安全保障にかかわる重要案件にも関わらず、閣議決定の説明が十分に行われていないとの回答が8割を超えた。政府には丁寧な説明責任を果たすことが求められている。

 また、社民党の吉田忠智党首は、この調査結果は「若者の不安感を如実に表している」としたうえで「安倍政権はこの数字を重く受け止め、閣議決定を撤回すべき」と改めて、撤回を求めた。

 また総理の姿勢について「海外の首脳には集団的自衛権行使について一生懸命説明しているが、日本国民の不安と不信は深まるばかり」と批判した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安倍総理『戦前回帰』とも思える 生活の党
原発への大型航空機衝突時体制 国会議論が必要
30年代までに原発ゼロ揺るぎない 海江田代表
現場には既に一体感と日米訓練で小野寺防衛相
韓国は米国同盟国として行使容認懸念なくなる

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース