200年後も老朽化しない鉄筋コンクリート

2014年6月4日 06:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 高度成長期に作られたインフラの寿命が問題になっているが、物質・材料研究機構(NIMS)元素戦略材料センターの西村俊弥主席研究員が、200年は老朽化しない鉄筋コンクリートを開発したそうだ。同氏によると老朽化の原因は、コンクリートの内部に埋め込まれている鉄筋が海水と酸性雨で腐食するためだという。また鉄筋の腐食の進み具合と、コンクリートの塩分濃度とpHとの相関関係が明らかになったという(日経ビジネスオンライン)。

 鉄筋の腐食が一気に進むコンクリートの塩分濃度とpHのしきい値に対して、しきい値を超えても腐食しない鉄筋の金属組成を割り出すことで、鉄筋コンクリートに最適な鉄筋の開発を成功させた。低品位の鉄合金であるクロム鉄やマンガン鉄、シリコン鉄を混ぜることで、安価なスクラップ鉄と鉄合金を使いながら、高い耐腐食性を実現しているとのこと。

 スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
東大地震研がコンクリート柱を石だと思い込んで活断層と判定、謝罪する 2013年03月29日
イランの超高性能コンクリート、米国の兵器をも退ける 2012年03月06日
E-ディフェンスで鉄筋コンクリート建物の加振実験 2006年01月15日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース