ミサワがプレミアム価格で太陽光発電力の買取サービス開始 買取価格は他業者より1円高

2014年5月25日 19:22

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 ミサワホーム<1722>は、10kW以上の太陽光発電システムを搭載したミサワホームの戸建住宅または賃貸住宅を建築し、かつ固定価格買取制度の全量売電方式を選択するユーザーからプレミアム価格で電力を買い取るサービスを2014年5月22日より提案を開始した。

 ミサワホームでは、10kW以上の太陽光発電システムを搭載することで全量売電による家計負担の軽減が可能な商品「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを昨年8月に発売した。 今回提案する電力の買い取りサービスは、「Solar Max」シリーズなどを建築するユーザーに対して、プレミアム価格で電力を買い取ることで売電メリットを感じてもらい、さらに顧客サービスの向上にもつなげるのが狙い。

 10kWの太陽光発電システムを搭載し全量売電する場合、20年間で約 633万円の売電収入が見込め、さらにエネルギー管理のノウハウを持つ株式会社エナリスが一般電気事業者の買取単価に 1kWhあたり1円のプレミアムを付加した33円で買い取る。これにより、対象となるユーザーは20年間で約20万円の追加収入が得られる計算となる。

 なお、ミサワホームは昨年、50kW以上の需要家に電力を供給できる「新電力(特定規模電気事業者)」の届出を完了している。今回のスキームで集めた電力をミサワホームがエナリスから優先的に購入し同社のグループ会社へ供給することで、再生可能エネルギーの活用にも取り組む。今回の電力の買い取りは、これまでに 10kW以上の太陽光発電システムを搭載し、すでに固定価格で全量売電しているミサワホームのオーナーも対象となる。

 今後は太陽光発電の普及を促進するとともに、2016 年に予定されている電力小売完全自由化を見据えて電力の買い取り及び供給に取り組んでいく方針だ。

 このサービスは20年で約20万円の追加収入になるという。一般住宅における太陽光発電の初期導入は数百万円かかる。だから、なかなか普及しない。このサービスでは20年で差し引き約20万円の追加収入となるという。20年といえば生まれた子供が成人する年月だ。これが長いか、普通か、ユーザーがどうとらえるかがキーとなるだろう。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
成長を続ける太陽光発電市場 出荷量は前年比約3倍増に
HEMSからμCEMSに概念を拡大するスマートハウス。ホンダ+積水ハウス+東芝の実験住宅
子育てから、総タイル貼りまで。提案力勝負の住宅市場最前線
進化するスマートハウス ネットゼロ以上の創エネ住宅が登場
EVとPVで電気自給自足の木質系スマートハウスが登場 積水化学が5月より発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「住宅・不動産業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース