来日中のウィーン少年合唱団、アンコールではアナ雪も

2014年5月15日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:Billboard JAPAN

来日中のウィーン少年合唱団、アンコールではアナ雪も

 500年以上の歴史を持ち、ウィーンの音楽大使として世界で愛されるウィーン少年合唱団が、現在ジャパンツアーにて天使の歌声を日本中に響かせている。

 4月26日を皮切りに6月15日まで、今年は全31公演を行うウィーン少年合唱団。5月6日のサントリーホール公演では、ビリー・ジョエル「ザ・ロンゲスト・タイム」でダンスや演技などを披露したり、オーストリアのヨーデル「フルヨイ」では、ステージの歌に客席からメンバーが応えるなど、趣向を凝らした演出で楽しませてくれた。また人気の日本の歌コーナーでは、「ふるさと」や「花は咲く」以外に、今年は「ひこうき雲(作曲:荒井由実)」で、清々しいハーモニーを届けてくれた。

 5月11日の学校公演では、大ヒット中の映画『アナと雪の女王』の劇中挿入歌より「レット・イット・ゴー」をアンコールで披露し、会場は大盛り上がり。メンバーは、「日本で大ヒットしていると聞き、私達も急遽 披露することにしました。日本の皆さんが笑顔になってくれることは、とても嬉しいです。」とコメントしており、今後のツアーでもアンコールで聴かせてくれるという。

◎公演概要
【Canon Presents ウィーン少年合唱団 2014年日本公演】
来日期間:4月26日(土)~6月15日(日)※全国31公演
More info:http://www.japanarts.co.jp/wsk2014/

photo:居坂 浩文

■関連記事
ウィーン少年合唱団25名が元気に来日
光の魔術師アルローが演出する、シュトラウス作曲『アラベッラ』いよいよ開幕
デフロの正統派新演出による『カヴァレリア・ルスティカーナ』と『道化師』が開幕
Special【【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014】総力レポート】
ドイツ演劇界の鬼才クリーゲンブルクによるオペラ『ヴォツェック』、初日公演がスタート

※この記事はBillboard JAPANより提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース