経営者の高齢化、「70歳以上」が過去最高に

2014年5月5日 20:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本の企業数の99.7%、雇用の約7割を占める中小企業。その経営者たちの間で、急速に高齢化が進んでいる。政府が4月末に閣議決定した14年版「中小企業白書」によると、事業の将来を悲観し、誰にも相談せずに廃業を考えるケースも増えているようだ。

 1982年には、30~40代の自営業主が分厚い層を形成していた。30年前には、60代以上の自営業主は少数派だったのだ。しかし、年を追うごとに高齢者が占める割合が上昇。2002年には50~54歳の自営業主が最も多くなり、2012年には60~64歳が最多となった。若い自営業主は一向に増えず、経営者はどんどん高齢化している。今や、70歳以上の自営業主が占める割合は、過去と比較して最も高くなった。

 高齢の経営者たちは、このまま事業を続けるか迷っている。中規模企業では、約6割の経営者が「事業を何らかの形で他者に引継ぎたい」と考えているが、小規模事業者では約4割にとどまる。小規模事業者では、「自分の代で廃業することもやむを得ない」と考えている経営者が約2割いることも分かった。

 「自分の代で廃業やむなし」と考える経営者の実に7割が、事業承継の可能性を考えることなく廃業へと向かっている。一方、「廃業やむなし」と考える経営者のうち、約3割は事業の承継を検討した経験があるという。なぜ彼らの取り組みは、上手く進まなかったのか。最も回答が多かった理由は、「将来の事業低迷が予測され、事業承継に消極的」というもの。「後継者を探したが、適当な人が見つからなかった」という回答を上回った。

 中小企業の経営者が抱える悩みとして、よく「後継者不足」が挙げられるが、それよりも大きな理由は「このまま事業を続けていても、先が見えない」ことのようだ。将来に明るい見通しがもてないために、中小企業の社長たちは廃業を余儀なくされている。地域の雇用を下支えしてきた経営者たちの悩みに、行政が正面から向き合うことが求められている。(編集担当:北条かや)

■関連記事
中小企業への融資は5割が「より積極的」
大手企業の「おつきあいベア」と揶揄された政府主導のベースアップで景気は上向くか
生まれ変わっても管理職になりたい」男性74.4%、女性64.0%
人材投資、社員大切にすれば事業成長に 総理
中小企業で景気の好循環の実現が重要 安倍総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース