英政府、Windows XPの有料サポートを550万ポンドで契約

2014年4月6日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

英国政府は4月8日でサポート期間の終了するMicrosoft製品について、セキュリティー更新プログラムの提供を受けることのできる12か月間のカスタムサポート契約を約550万ポンドでMicrosoftと結んだそうだ(Crown Commercial ServiceのニュースリリースCustom SupportComputer Weeklyの記事本家/.)。

カスタムサポートの対象となるのはWindows XP SP3/Office 2003 SP3/Exchange Server 2003 SP2。政府機関および地方行政機関、教育機関、国民健康サービス(NHS)の使用するパソコンで「緊急」および「重要」とされる更新プログラムを2015年4月14日まで利用できるという。対象となるパソコンが250台以上の場合はMicrosoft Premierを通じてサービスを利用する。250台未満の場合の利用方法については確認中とのこと。契約を担当した英政府機関のCrown Commercial Service(CCS)によれば、今回の契約内容では標準的な価格よりも2,000万ポンド以上の節約になることが見込まれるとのことだ。 スラッシュドットのコメントを読む | セキュリティセクション | 英国 | セキュリティ | マイクロソフト | Windows | お金

 関連ストーリー:
英自治体、サポートの切れるWindowsパソコンからChromebookに移行する計画 2014年04月05日
りそなホールディングス、約3万台のOA端末をWindows XPからWindows 8に移行 2014年04月05日
Windows XPのシェア、ようやく28%を切る 2014年04月02日
Windows XPのサポート終了に向けて何か準備している? 2014年03月29日
マイクロソフト、XPからWindows 8へのデータ移行用ソフトを無償配布 2014年03月25日
ATM端末のOS、Windows XPのサポート終了に伴ってLinuxへの移行が進むか 2014年03月23日
Windows XPの影に隠れて忘れられがちな「Office 2003のサポート終了」にも要注意 2014年03月13日
セキュリティーソフトの大半が今後2年以上Windows XPをサポート 2014年01月18日
MS、Windows XPセキュリティ製品向けアップデートを2015年7月まで延長 2014年01月16日
XPサポート終了後も自治体の半数以上では更新完了せず 2013年10月07日
MS、Windows XPのセキュリティアップデートを年間200ドルで実施? 2013年08月30日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告