セブン-イレブン:「セブンカフェ」の販売数が4億5000万杯を突破

2014年3月3日 16:13

小

中

大

印刷

記事提供元:さくらフィナンシャルニュース

【3月3日、さくらフィナンシャルニュース=東京】 セブン&アイ・ホールディングス(東1:3382)傘下のセブン-イレブン・ジャパンは3日、店頭のオリジナル専用機器で提供するセルフ式のドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブン・カフェ)」の販売数が、4億5000万杯を突破したと発表した。

 SEVEN CAFEは、2013年1月より順次店舗に導入。店舗によっては、イートインコーナーを設置しており、OLがランチコーヒーを楽しんでいたり、仕事中のサラリーマンが、PCチェックをしながらコーヒーを飲む姿を見ることができる。

 挽きたての本格的なドリップコーヒーが手軽に楽しめることから支持を集め、7月には1億杯を突破、12月には3億杯を突破していた。現在はセブン-イレブンで販売する食品の中でもっとも高いリピート購入率55%以上を誇り、1店舗あたり1日平均100杯を販売しているという。【了】

■関連記事
セブン-イレブン:グリコと共同開発した大人の女性の“ご褒美スイーツ”「ポッキー<グランショコラ>」を数量限定販売
セブン&アイが好決算で各利益が過去最高、パナソニックが米・Mozillaとプラットホーム開発で協業、マツダがメキシコ新工場で量産を開始、2013年の米国・カナダ・豪州でのスバル車販売台数が過去最高を更新、ファミリーマートが減益=8日の注目銘柄
セブン&アイHD:今第3四半期の純利益は32%増、コンビニと金融が好調、各利益が過去最高に

※この記事はSakura Financial Newsより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告