NASAが月面で植物を育てることを計画中

2013年11月25日 12:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok 曰く、 2015年、NASAは月面上に植物を育成することを計画しているという。これは別の惑星に生命をもたらすという人類初の試みとなる(Forbes本家/.)。

 このプロジェクトはNASAの科学者やボランティアなどのグループにより長年議論されてきたもの。彼らのプランでは、シロイヌナズナ、バジル、ヒマワリ、カブなどをコーヒー缶サイズのアルミシリンダ内で育成する計画だという。成長過程をカメラやセンサーなどで観察し、データを地球に送信する仕組みにするという。これらの植物が厳しい月の環境に適応できるよう、温度の維持や水分の補給、およびシステムの電源を調節する仕組みも必要となる。

 このプロジェクトは、NASAの関係者だけでなく、民間の研究者や学校などの協力が前提になっているという。月に送られるのと同じ植物を学校で育てることにより、学生による数千ものデータを収集することで、(月面で育成される植物と比較して)洞察を行うための貴重なデータが得られるという。また、これによって子供達に新たな知識と経験を得る機会を提供するという意図もあるそうだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 |

 関連ストーリー:
NASAが地上と月探査機との間でレーザー通信による622Mbpsの通信に成功 2013年10月28日
NASA、月探査機と一緒にカエルを打ち上げ? 2013年09月17日
NASA、宇宙で自給自足するための宇宙農場プロジェクト 2013年09月13日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース