【引け後のリリース】ABCマート9月は13%増加し運動会シューズなど好調

2013年10月2日 17:23

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■オリンピックの東京開催の効果が出始めている様子

  シューズの総合専門店エービーシー・マート <2670> が2日の大引け後に発表した9月の月次動向は順調で、既存店の売上高は前年同月比9.6%増加し、期初の3月から7月を除いてすべて増加。また、全店の売上高は同13.0%増加し、期初の3月からすべて増加した。

  発表によると、9月の開店は6店舗、閉鎖はなし。台風で一部の地域に影響が出たものの、全般的に好調に推移し、カテゴリー別では、クラシックスニーカーやトーニングシューズ、インヒールスニーカーなどのスポーツシューズや、運動会需要によりキッズシューズが好調。月後半からは気温の低下とともに秋物需要が徐々に高まってきているとした。オリンピック東京開催の効果がこの秋の運動会に表われ始めているようだ。

  本日の株価終値は4685円(90円安)。全体相場は日経平均の310円安など大きく下げたものの、同社株は9月27日に4865円の高値をつけたばかりで、引き続き高値圏にある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【飛び乗り飛び降りコーナー】ジャストシステム3営業日続伸、新興市場の好業績(2013/10/01)
【話題】東京五輪で急浮上の電線地中化(2013/09/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告