(香港)「日本城」展開の国際家居零售、IPO公募倍率140倍強と人気

2013年9月18日 11:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:25JST (香港)「日本城」展開の国際家居零售、IPO公募倍率140倍強と人気
香港で生活雑貨の販売チェーン「日本城」を展開する国際家居零售(01373/HK)は17日、香港での新規株式公開(IPO)の公募を締め切った。地元メディアによると、公募倍率は140倍を超え、人気を集めたようだ。株式相場の回復とともに、IPO銘柄への注目も高まっている。

この公募倍率は、年初来のIPO銘柄で第6位となる。公開価格はレンジ上限の2.81HKドルに決まる公算が大きいとみられている。

国際家居零售は香港のほか、マカオや中国本土、シンガポールなどにも店舗を設置。「日本城」という店舗の名称は日本の「100円ショップ」を参考にしていることが由来で、日本企業との直接の関係はない。《NT》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース