『火の女神チョンイ』第12話 キム・ボム、ムン・グニョンのためなら死をも辞さない!(動画)

2013年8月8日 22:34

小

中

大

印刷

MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』で、キム・ボム(キム・テド役)の正体がイ・サンユン(グァンヘ役)にバレてしまった。

MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』で、キム・ボム(キム・テド役)の正体がイ・サンユン(グァンヘ役)にバレてしまった。 [写真拡大]

写真の拡大

 MBC月火ドラマ『火の女神チョンイ』(脚本:クォン・スンギュ、イ・ソユン、演出:パク・ソンス、チョン・デユン)で、キム・ボム(キム・テド役)の正体がイ・サンユン(グァンヘ役)にバレてしまった。

 前回放送でキム・テドは、チョンイ(ムン・グニョン)とともに正体を隠したことに怒りを表したグァンヘに対し跪き、緊張感を高めた。彼は、「チョンイは悪くありません。全て私のせいなので、どうかそのお怒りを私に向けて下さい」と、命がけでチョンイをかばった。

 また、騙した理由を聞くグァンヘに対し、「あなたから離れるため、生きるためにそうしました。どうかチョンイを罰することはおやめ下さい」と涙ながらに訴えた。

 この時キム・ボムは、見事な感情シーンで視聴者の涙腺を刺激した。チョンイのためなら死をも辞さないキム・テドの強靭で男らしい姿は、女心をがっしりと掴み、熱い反応を引き出した。

 ネットユーザーらは、「チョンイのために命を捧げるキム・テドは、男の中の男!」「キム・ボムの熱い演技が印象的だった」「キム・ボムとイ・サンユンの緊張感あふれる対立!息を飲んで見守った」「今後の展開が楽しみ」などと様々な反応を見せた。

 なお、チョンイとファリョン(ソ・ヒョンジン)をそれぞれ見つめるキム・テドとイ・ユクド(パク・コニョン)、二人の男の気持ちを知っていながらもキム・テドを忘れることのできないファリョン、そしてお互いを意識し合っているグァンヘとチョンイの姿を描きながら五角ロマンスのスタートを予告している『火の女神チョンイ』は、毎週月火曜日の夜10時に放送中。(翻訳:宮本りさ)

■『火の女神チョンイ』第12話 イ・サンユンの前に跪くキム・ボム

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事