富士通総研、複数家電を自動制御するHEMSの開発に着手

2013年7月10日 18:44

小

中

大

印刷

 富士通総研は10日、環境省事業「平成25年度各家庭のライフスタイルに合わせた需要サイドの低炭素化サポートシステム普及促進実証事業」を受託したと発表した。また、同事業の成果を活用して、富士通とともにHEMS(Home Energy Management System)の開発に着手する。

 今回受託した実証事業は、HEMSに特化した機器を使用せず、パソコンでHEMSを実現する。富士通の個人向けクラウドサービス「My Cloud(マイクラウド)」をコア技術として活用し、複数の家電や住設機器を一元的に自動で制御するシステムとなる。調査モニターの世帯に設置したセンサー類から電力の使用状況や住人の行動パターンなどを取得し、それぞれの世帯の特性に合わせた適切な省エネ制御を目指す。

 具体的には、部屋が適温になったらエアコンの運転(電源)をオフするだけでなく、代わりにサーキュレータを回すなど、家庭内の家電をネットワーク接続することで、種類やメーカーの異なる複数の家電を組み合わせて最適に制御する。また、世帯や個人で異なる電力使用のパターン(夜間のパソコン利用が多い、1日中テレビをつけたままにすることが多いなど)をセンサー情報から把握し、家電を制御する。

 さらに、パーソナリティ(暑がり・寒がり、面倒くさがり・小まめ)、ライフステージ(幼児、受験生、高齢者がいる世帯)、ライフスタイル(朝型・夜型、昼間不在がち)など、世帯の特性を捉えた機器の制御を実行する。

 なお、自動制御を実行する前に、利用者に対して問いかけメールを発信し、承諾した場合のみ実行するなど、人の暮らしに配慮した適切な省エネ制御を行う。

 今後、同実証事業で培ったノウハウを蓄積し、順次、HEMS環境を構築できる富士通の「My Cloud」の機能として搭載していく予定。また、富士通のスマートシティビジネスへの活用も検討していく。

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース