オスプレイを墜落させたいのか 危険行為に怒り

2012年10月17日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 法の盲点をついたワイヤーつき風船や凧でのオスプレイ飛行妨害行為に自民党防衛政策検討小委員会委員長の佐藤正久参議院議員は「オスプレイを墜落させたいのかと思うくらい怒りがわいてくる」と飛行の安全にまで影響しかねない危険な行為を怒るとともに、即刻やめるよう提起している。

 佐藤議員は「危険なのは米軍パイロット」はもちろん「普天間周辺住民もそうだ」とし、反対派に冷静な行動を求めている。

 あわせて、こうした行為は「日本や極東防衛に汗を流す米軍兵士の誇りを傷つける行為だ」と問題提起。「日本人の国柄にもあわない」とアピール。

 あわせて、こうした飛行安全をも阻害する妨害行為に対して野田政権の対応の鈍さも批判。事故が発生してからでは遅く、迅速な対応が求められている。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース