トヨタ、2015年末までに新型HVを21モデル投入 環境技術開発計画を発表

2012年9月24日 14:26

小

中

大

印刷

 トヨタ自動車は、燃費向上・エミッション低減に向けた「省エネルギー」、電気や水素をはじめとした代替エネルギーの利用促進による「燃料の多様化」を基本方針として環境技術開発を進めており、その最新の開発状況と2015年までの展開計画を、24日公表した。

 「省エネルギー」への取り組みでは、世界最高の最大熱効率を追求した新開発ガソリンエンジン、高性能クリーンディーゼルエンジンや高効率トランスミッションの開発状況を公開した。また、ハイブリッド車(HV)については、今後2015年末まで約3年間の新型車投入モデル数を公表した。

 ガソリンエンジンについては、「2.5L-AR系ガソリンエンジン」をベースに、アトキンソンサイクルと直噴D-4Sシステムを採用し、低燃費と高出力の両立を目指して世界最高の最大熱効率38.5%を追求した新型「2.5L-AR系ガソリンエンジン」をHV用として新開発した。搭載したHVを2013年以降に市場投入する。また、「2.5L-AR系ガソリンエンジン」をベースに、2.0Lへの小排気量化による燃費向上と、ターボチャージャー(過給器)の採用による出力向上の両立を図った新型「2.0L-AR系ターボチャージャー付きエンジン」搭載車を2014年以降に市場投入する。

 ディーゼルエンジンについては、乗用車用「1.4L-ND系ディーゼルエンジン」は、燃料噴射システムの高圧化、小型で高効率のターボチャージャーの採用などにより、低燃費と走行性能の両立を追求。さらに、新開発の排出ガスクリーン化技術の採用により、世界で最も厳しい排出ガス規制の一つである欧州「EURO6」に対応。今後、搭載車両の開発を進め、2015年以降に市場投入する。また、商用車用「3.0L-KD系ディーゼルエンジン」は、高圧で高い噴射精度を維持する世界初のシステム「i-ART」を採用し、低燃費と低エミッションを実現。2012年4月からブラジル向け「ハイラックス」に搭載している。

 トランスミッションについては、世界トップレベルの伝達効率の実現、エンジンとの統合制御の進化、一層の小型・軽量化により、優れた燃費性能と軽快な加速を両立した無段変速機「Super CVT-i」を新開発。2012年6月から日本向け「カローラ」に搭載しており、今後コンパクトクラスを中心に搭載車種を拡大する。また、高い変速応答性による滑らかで思いどおりの加速と、6速ATと同等サイズに小型・軽量化することで優れた燃費性能を実現したFF用8速ATを新開発。2012年8月から北米向け「LEXUS RX 350 F SPORT」に搭載している。

 また、エコカー分野に関しては、2012年年間のHV世界販売台数は100万台を大幅に超える見込みだという。さらに、今後2015年末までの約3年間で新型HVを21モデル投入する予定。これにより、2013年以降2015年までの年間のHV世界販売台数は毎年100万台以上となる見込み。

 「燃料多様化」への取り組みとしては、2012年1月より市販を開始した「プリウスPHV」は、災害など非常時の電源としてハイブリッドシステムを活用する「アクセサリーコンセント」の設定、グレード追加により商品力を強化する。

 また、高性能コンパクトEV「eQ」を新開発。消費電力の高効率化を追求し、コンパクトなパッケージに容量を最小限に抑えた高出力の新型リチウムイオン電池を搭載し、世界最高の電費104Wh/kmを実現した。

 2015年頃からの市場導入を予定しているセダンタイプのFCVは、トヨタ自社開発のFCスタックの性能が大幅に向上し、出力密度は現行モデルの「FCHV-adv」に比べ2倍以上となり、世界最高の3kW/Lを達成。小型・軽量化も進み、「FCHV-adv」と比べて約1/2にまでコンパクト化する。さらに、高効率の昇圧コンバーターを開発。高電圧化により、モーターの小型化とFCセルの枚数削減を可能とし、FCシステムの小型・高性能化とシステムコストの低減に寄与する。そのほか、日野と共同で開発を進めている新型FCバスは、2016年の市場導入を目指し、開発を加速させる。

 今後の電動化技術としては、全固体電池において電解質性能が世界最高レベルの新たな固体電解質を開発。これにより、イオンの流れやすさを向上させることに成功し、出力密度を5倍に向上(トヨタの従来型比)した。また、コイルの間を通る磁束の強さの変化と磁場の共振現象を利用して電力を伝送する非接触充電の技術開発を進めており、実際の使用環境での性能を評価するために、2013年に愛知県豊田市で実証実験を実施する予定。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 4-dan 絶品チーズバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)
  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース