【銘柄診断】三井住友フィナンシャルグループは海外の収益比率を30%まで引き上げる

2012年8月25日 21:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  三井住友フィナンシャルグループ <8316> が見直されていきそうだ。今2013年3月期の第1四半期の純利益は1178億円と前年同期比43%の減少となり、これが人気の盛り上がらない要因となっている。

  資金利益などの顧客部門の収益は概ね計画線を確保しており、銀行単体の本業の収益動向を示す業務純益は上期計画に対し、6割近くに達した。しかし、連結子会社の増加による費用増、与信費用の増加、保有株式の現存などが響き減益になったもの。

  資金利益などの顧客部門の収益は概ね計画線を確保、債券売買益の好調などから今3月期の純利益については4800億円と前期比7%の減少を想定している。

  同社は来2014年3月期を最終年度とする中期計画を立てているが、そこでポイントにおいているのは海外の収益比率を30%(前期は26%)にまで高めること。目標達成に向けて、海外の人員・拠点網の拡充を積極的に進めており、海外金融機関との提携・買収戦略も強化している。

  厚い利ざや、低い経費率などを背景に、銀行セクターの中で相対的に収益力が高いが、海外展開の先行も新たな成長力を呼ぶ源泉になりそう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
『緊張の9月を前に手控え感強まる展開』JAL申込換金売りも=犬丸正寛の相場展望(2012/08/24)
【銘柄診断】北野建設は業績が改善傾向に、自社株買いも反転相場の手掛かり材料(2012/08/24)
個人投資家向け企業情報 Media-IR(日本インタビュ新聞社)(2012/08/03)
IR Solution 東証マザーズ Media-IR(日本インタビュ新聞社)(2012/08/03)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース