【銘柄診断】鈴茂器工は小型ロボットなど好調で45%増益、海外では日本食ブームを享受

2012年8月16日 15:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  鈴茂器工 <6405> (JQS)は8月13日に745円と3月の高値738円を更新し新展開入り、その後もさらに新値を更新する強い動きを見せている。

  8月7日に発表された今2013年3月期の第1四半期の好業績がきっかけになった。主需要先である回転寿司の業界大手や寿司・弁当などの中食業界は、店舗設備やシステムの改革、更には価値ある商品づくりなどに力を注いでいる。

  そうした中で、同社独自の展示会「スズモフェア」や、西日本食品産業創造展などを開催し、店舗向け小型ロボットなどの主力製品の売上げを伸ばした。海外も、円高の影響を受けながらも、アジア、ヨーロッパを中心に営業を積極化した。そうした結果、第1四半期の営業利益は2億3000万円と前年同期比45%の大幅増益を達成した。

  今回据え置かれた9月中間決算の営業利益見通しは3億5500万円(前年同期比7%減)、第1四半期での進捗率は65%にも達しており、いずれ時機を見て増額される可能性は強そうだ。

  同社は「米飯主食分野を世界へ」を理念としており、アジア、ヨーロッパを中心に海外展開も積極化。海外での日本食ブームが同社の収益向上をサポートしていくことになりそう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【銘柄診断】日新電機は悪材料を吸収しきって出直りへ、今期増配も見直し要因に(2012/08/15)
【銘柄診断】ソフトバンクは市場の中核銘柄に、途絶えないカラ売りが相場の生命線(2012/08/15)
急騰銘柄を徹底予想する日刊株式投資情報新聞(メルマガ無料)好評!会員が急増中(2012/07/20)
プロの記者が急騰銘柄を徹底予想!日刊株式投資情報新聞(無料)メルマガ登録受付中!(2012/07/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース