【銘柄診断】日立キャピタル海外展開促進で業績好調、日証金では連日逆日歩が発生

2012年8月6日 14:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  日立キャピタル <8586> は7月31日に1444円の年初来高値に進み、以後は利食い売りを消化する局面。

  今2013年3月期の第1四半期決算は営業利益が63億1900万円と、前年同期比14%増の好調な決算となった。海外では中国で医療関連や産業機械のリースが好調だったほか、インドネシア、マレーシアなどで中古車の販売金融などが伸び、前期に買収・進出した地域が業績に寄与した。

  今3月期通期では営業利益231億円、前期比3%増の従来見通しを据え置いている。ただ、海外事業を中心に堅調な展開が見込まれるとみて、アナリスト筋は増額の可能性を指摘している。

  また、日立グループ各社との協業の進展などから、海外事業の伸長が続き、来3月期以降も増益基調が続く見通し。直近7月27日申し込み現在の取組みは売り残12万株、買い3万株と売り長状態にあり、日証金では連日逆日歩が発生している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【再生可能エネルギー特集(1)】太陽光発電、地熱発電、風力発電にあらためて注目(2012/04/01)
【プラント関連特集(1)】世界的に活発な資源・エネルギー開発投資(2012/05/05)
【特集】プラント関連:世界的に活発な資源・エネルギー開発投資(2012/05/05)
【特集】小売(家電量販店):特需反動減で厳しいが収益改善期待(2012/05/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース