ブラウザクラッシャーを作った13歳中学生、「ウイルス作成罪」で補導される

2012年7月5日 17:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  読売新聞によると、京都府警サイバー犯罪対策課が、「パソコンを強制終了させるウイルス」を自宅のパソコンで作成した13歳の中学生を不正指令電磁的記録作成(ウイルス作成)の非行事実で補導したという。

 この中学生は「ハッカーが情報交換する会員制サイト」を運営しており、このサイトで技術を指南していた23歳男性も「パソコンのファイルを勝手に削除するウイルス」を保管していたとして逮捕された。

 先月、オンラインゲームのサーバーに不正侵入してIDやパスワードを取得したとして、不正アクセス禁止法違反で逮捕された16歳の少年もこのサイトを利用しており、不正に取得したIDやパスワードをこのサイトの掲示板に書き込んでいたという。

 問題とされる「ウイルス」は、『パソコンの画面に「強制終了してください」と表示され、強制終了以外の操作ができなくなる』というものとされるが、MSN産経ニュースによるといわゆる「ブラウザクラッシャー」のようで、Webブラウザで「強制終了してください」と表示されたページが大量に開かれるものだそうだ。また、実害も確認されていないという。掲示板には「荒らしの主なターゲットはAKB関係やジャニーズ系の掲示板」などと書かれていたそうだ。

 逮捕された中学生は「多くの人から知識を教えてもらいたかった」と、掲示板開設の理由を説明している。少年は「二度とハッキングに関わらない」との念書を提出したとのこと。

 スラッシュドットのコメントを読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | 教育 | IT

 関連ストーリー:
ウイルス作成罪で初の逮捕者が出る 2012年01月26日
企業ぐるみでウイルス作成・送信、1200万を稼いだ6人が逮捕される 2012年01月19日
「ブラウザクラッシャー」作成で逮捕、ウイルス供用罪の初適用事例に 2011年11月02日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース