楽天がマレーシアでEC事業参入

2012年5月25日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 楽天が、マレーシアにおいて、Rakuten Malaysia Sdn.Bhd.を設立し、同国でEC事業に参入すると発表。日本の「楽天市場」と同様のB2B2C型のインターネット・ショッピングモール「Rakuten Online Shopping」を今年後半に開業する。

 今回のマレーシア市場への参入は、東南アジア地域におけるEC事業では、2009年のタイ、2011年のインドネシアに続き、3番目の展開。当初は大手小売等の店舗を中心に、ファッション、デジタル・電機機器、書籍、高級品などの多種多様な店舗・商材を提供していく予定だという。中長期的には、日本の「楽天市場」をはじめ、アジア、欧州、北米、南米の各国・地域における楽天グループ傘下のECサイトとの連携も検討している。

 マレーシア統計局によると、2011年実質GDP成長率5.1%と安定した経済成長率を誇り、人口約2840万人のうち約1700万人がインターネット利用者だという。また、物流や電子決済といったインフラも整備されているため、EC分野においても高い成長が見込まれている。こうした状況を受けての今回の参入となる。

 4月にはブラジルにもインターネット・ショッピングモールをオープンさせるなど、積極的に海外展開を進めている楽天。中国からの撤退に見られるように、海外での成功には障害が多い。マレーシアでの参入はどのような展開をみせるのか。注目が集まりそうである。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース