【銘柄診断】スクウェア・エニックスHDは業績好調だが、先行きの情勢は流動的

2012年3月27日 11:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  スクウェア・エニックスホールディングス <9684> は訂正高の動きに転じてきた。今2012年3月期の第3四半期累計の決算は営業利益112億2000万円と前年同期比24%増益を達成した。パッケージソフト、ソーシャルゲームなどの好調が要因。

  今3月期通期については第3四半期の実績を下回る100億円(前期比36%増)を据え置いている。出遅れていたソーシャルゲームでは今年1月に「ファイナルファンタジーブリゲイド」の配信を始めたばかりで、第4四半期の収益がさらにアップしそうな状況に照らすと、今3月期の増額修正は不可避と思われる。

  来2013年3月期は「ファイナルファンタジーブリゲイド」が通期で寄与してくるほか大作の新作発表も予定されており、今3月期に続いての連続大幅増益が有力。その割には株価の戻りが鈍いが、これは課金問題、競争激化などゲーム業界を取り巻く流動的な状況が映し出されていると言えそう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題株】「花粉最盛」で参天製薬150円高、人気期間限定には注意も(2012/03/27)
【話題株】西華産業は自己株式消却も反応は限定的で小動き(2012/03/26)
犬丸正寛の相場格言~データでは説明できない先人の知恵をもとに株式投資で大成功~(2012/02/02)
株式評論家・浅妻昭治のマーケットセンサー(銘柄発掘の王道を伝授・注目株厳選)メルマガがスタート!登録受付中(2012/02/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース