カナダの学校にて無線LAN廃止へ。健康への影響を懸念

2012年2月15日 11:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

capra 曰く、 カナダのオンタリオ州の学校で無線LAN廃止が実施されるそうだ(CBC本家/.)。

 45,000人の教師が参加しているというオンタリオ州のカトリック系教師協会OECTA(Ontario English Catholic Teacher's Association)は、同州の1,400以上のカトリック系の学校において「全てのコンピュータは無線LANではなく有線で接続すべきであり、今後新たな無線LANは設置しない」との方針を取ることを発表したそうだ

 世界保健機構(WHO)は2011年、携帯電話等の無線端末の電磁波と発がん性との関連性について限定的ながらも「可能性がある」との見解を示している。一方カナダ保健省は子供の携帯電話の使用を制限するよう警告しているが、低レベルな無線LANに害は無いと科学的に裏付けられているとしている。

 OECTAでは「この技術の安全性については十分な研究が行われておらず、予防原則と電磁波に接する環境の回避が実施されるべき」との立場を取り、無線LAN廃止が決定されたと報じられている。

 スラッシュドットのコメントを読む | 教育

 関連ストーリー:
米国で「スーパーWi-Fi」サービスが開始される 2012年01月31日
Wi-Fi避難民、米ウェストバージニア州に集結中 2011年09月16日
カナダ、オンタリオ州の小学校が Wi-Fi 使用停止を決定 2010年10月20日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告