ノジマ、女子サッカーに参入 神奈川県内初の「なでしこリーグ」入り目指す

2011年12月12日 19:15

小

中

大

印刷

 家電販売事業を展開するノジマは12日、神奈川県内初のなでしこリーグ入りを目指し、女子サッカーチームを設立することを決定したと発表した。

 同社によると、2011年女子ワールドカップで日本女子代表が優勝したことをきっかけに、神奈川県内の女子サッカー事情を調べたところ、県内にはなでしこリーグのチームが1クラブもないことがわかったという。これを受け、同社は今回、女子サッカーへの参入を決意した。

 「これまでも地域密着でスポーツを支援してきました当社としては、県内の女子サッカー選手の受け皿となるべく新チームを立ち上げ、活躍の場を提供したいと考えている。県リーグから地域リーグを経て、なでしこチャレンジリーグ、なでしこリーグ昇格までには通常で4年以上かかるところだが、一日でも早いトップリーグ入りを目指す」と同社はコメントしている。

 現在、アドバイザリースタッフとして菅野将晃氏の協力を得つつ、相模原市内に約2万平方メートルの土地を確保し、人工芝の練習場、クラブハウスなどの環境整備の準備を進めているという。また、監督、ゼネラルマネージャーなどについては「現在調整中」とし、「決定次第あらためて発表する」としている。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース