何よりの電源開発は省エネだ 枝野経産大臣

2011年11月21日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 枝野幸男経済産業大臣は「何よりの電源開発は省エネだ」と省エネの重要性と省エネ効果の大きさを強調した。

 20日開かれた提言型政策仕分け・行政刷新会議で述べたもので、枝野大臣は「クーラーの燃費は10年で半分になっている。住宅も断熱効果で省エネになる」などエネルギー消費の省力化につとめるとともに、原子力に使ってきたお金を再生可能エネルギーの開発推進に使えば、再生可能エネルギーの開発はできるとし、原子力発電がなくてもやっていける社会の実現へ、省エネと再生可能エネルギーの開発で近づける可能性を述べた。

 また、「事故が起こりえない原発をつくることはありえない」との認識を示し、厳しい視点で原子力発電の安全対策について臨む必要と姿勢をみせた。(編集担当:福角忠夫)

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース