ソニーも大幅続落、パナソニク安連想、業績への警戒強まる

2011年11月1日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  パナソニック安からソニー <6758> は、57円安の1625円と前日の27円安に続いて大きく下げた。明日2日(水)、第2四半期(4~9月)決算が明らかとなる見通しから業績に対する警戒感が増した。今期通期が一転して赤字転落となるパナソニック <6752> が大きく下げたことが響いた。同社もまた、海外勢の力に押されているうえに円高の影響もある。

  第1四半期を終えた時点発表(7月28日)での今3月期見通しは、前期比0.3%増収、営業利益0.1%増益、1株利益59.7円だった。当時より事業環境はかなり悪くなっているはず。パナソニックの連想が働くのも当然だろう。同社株の年初来安値は10月4日の1370円。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
直近IPO2銘柄は「小さく産んで大きく育てる」IPO投資の理想形=浅妻昭治(2011/11/01)
【株価診断】目先底打ちのパナソニック、中期「円高」と「信用買残」がカギ(2011/11/01)
プロの記者が急騰銘柄を徹底予想!日刊株式投資情報新聞(無料)メルマガ登録受付中!(2011/06/08)
犬丸正寛の相場格言~データでは説明できない先人の知恵をもとに株式投資で大成功~(2011/08/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース