中部電力、「メガソーラーたけとよ」の営業運転を10月31日に開始

2011年10月29日 22:16

小

中

大

印刷

「メガソーラーたけとよ」(画像提供:中部電力)

「メガソーラーたけとよ」(画像提供:中部電力)[写真拡大]

写真の拡大

 中部電力は28日、愛知県知多郡武豊町の武豊火力発電所構内で建設を進めてきた「メガソーラーたけとよ」の営業運転を、10月31日に開始すると発表した。

 「メガソーラーたけとよ」は、今年1月に営業運転を開始した「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市)に続く、同社二番目の事業用太陽光発電所であり、発電所出力は中部地域最大の7,500kW(7.5MW)となる。想定年間発電量は、一般家庭約2,000世帯分の年間使用電力量に相当する730万kWh。同発電所の運転によるCO2削減量は、年間約3,400トンとなる見込み。

 また、「メガソーラーたけとよ」には、発電所を一望できる展望台などを設置しており、同発電所の見学を通じて、再生可能エネルギーの普及啓発を行っていく。

 同社は、2014年度に営業運転を開始することを目指して計画中の「メガソーラーしみず」(静岡市清水区)を着実に進めるなど、引き続きCO2排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取り組んでいく。

関連記事