京急電鉄、TVアニメ「たまゆら」とタイアップし、記念きっぷを発売

2011年9月27日 10:12

小

中

大

印刷

TVアニメ「たまゆら~hitotose~」放送開始に先立ち、汐入駅の一日駅長を務めた主人公沢渡楓役の竹達彩奈さんと記念きっぷ(写真提供:京浜急行電鉄)

TVアニメ「たまゆら~hitotose~」放送開始に先立ち、汐入駅の一日駅長を務めた主人公沢渡楓役の竹達彩奈さんと記念きっぷ(写真提供:京浜急行電鉄) [写真拡大]

写真の拡大

  • 「たまゆら~hitotose~記念きっぷ」の表紙(画像提供:京浜急行電鉄)
  • TVアニメ「たまゆら~hitotose~」放送開始に先立ち、汐入駅の一日駅長を務めた主人公沢渡楓役の竹達彩奈さん(写真提供:京浜急行電鉄)

 京浜急行電鉄は26日、TVアニメ「たまゆら~hitotose~(ひととせ)」とタイアップし、さまざまなキャンペーンを実施すると発表した。同キャンペーンは、主人公の「沢渡 楓(さわたり ふう)」が中学生時代まで過ごした横須賀・汐入が第1話の舞台となることから実現したもの。記念きっぷを発売するほか、沢渡楓が汐入駅のアナウンスを行うなど、さまざまなイベントが開催される。

 たまゆらのキャラクターがデザインされた4種のカードが封入された京急オリジナルカード型きっぷは、10月9日から発売する。価格は1,500円。販売場所は汐入駅のみで、販売枚数は3,000枚限定。

 また、10月9日の1日限定で、汐入駅のアナウンスを、「たまゆら~hitotose~」の主人公沢渡楓のアナウンスで送る。そのほか、汐入駅や京急各駅、電車内に中吊りポスターなどを掲出する。

 さらに、9月17日には、沢渡楓役の竹達彩奈さんが、汐入駅の一日駅長に就任。当日は、竹達さんの駅長任命式の他、駅アナウンスの実施、駅での案内等が行われた。

 TVアニメ「たまゆら~hitotose~」は、おぼろげな夢をはぐくむ女の子たちの青春を描いたヒーリングストーリーの作品で、2010年に発売されたOVA「たまゆら」は、オリジナル作品のOVA(オリジナルビデオアニメで、テレビ等での放映はなし)にも関わらず、多くのファンを獲得した。舞台である広島県竹原市には、アニメに登場した場所をめぐる「聖地巡礼スポット」として、多くのファンが訪れているという。

 同作品は、ファンからの好評をうけ、いよいよ待望のTVシリーズ「たまゆら~hitotose~(ひととせ)」として、2011年10月から、TOKYO-MX他で放映されることが決定している。テレビシリーズ初回では、TVアニメの主人公「沢渡楓(さわたり ふう)」が、中学生までの時を過ごした町として、横須賀市汐入が舞台となっている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース