少女時代ユナ、チャン・グンソク主演ドラマ『ラブレイン(愛の雨)』のヒロインに抜擢!

2011年9月20日 23:15

小

中

大

印刷

人気女性アイドルグループ「少女時代」のユナが“ユン・ソクホ監督のチャン・グンソク主演ドラマ”として話題の「愛の雨」(演出ユン・ソクホ、脚本オ・スヨン)のヒロイン役に電撃キャスティングされ、華やかなテレビドラマ復活が伝えられた。

人気女性アイドルグループ「少女時代」のユナが“ユン・ソクホ監督のチャン・グンソク主演ドラマ”として話題の「愛の雨」(演出ユン・ソクホ、脚本オ・スヨン)のヒロイン役に電撃キャスティングされ、華やかなテレビドラマ復活が伝えられた。[写真拡大]

写真の拡大

 人気女性アイドルグループ「少女時代」のユナが“ユン・ソクホ監督のチャン・グンソク主演ドラマ”として話題の「愛の雨」(演出ユン・ソクホ、脚本オ・スヨン)のヒロイン役に電撃キャスティングされ、華やかなテレビドラマ復活が伝えられた。

 「愛の雨」は「秋の童話」「冬のソナタ」「夏の香り」「春のワルツ」の4季節のメロドラマシリーズで有名な巨匠ユン・ソクホ監督と「秋の童話」「冬のソナタ」のオ・スヨン作家が10年ぶりにタッグを組んだ作品で、最近チャン・グンソクが主演に抜擢され話題となっていた。

 アジアを超え世界に広がっている「少女時代熱風」の主役であり、「君は僕の運命」「シンデレラマン」「9回裏2アウト」などの作品を通して女優としても成長しているユナと韓流スターNO.1のチャン・グンソクの共演は想像以上のシナジー効果が期待でき、2012年の国内ドラマ市場に大きな影響を及ぼすとして期待がかかっている。

 70年代アナログ時代の純粋な愛と現代デジタル時代のトレンディーな恋愛を同時に盛り込み、時代を超えた愛の本質を描いた「愛の雨」で、ユナは素朴で清楚な70年代のキム・ユニ役とその娘で楽観主義で明るいユリ役を演じる。180度違うキャラクターを一人二役する彼女はドラマの中でチャン・グンソクと美しい愛を表現し無限の魅力を見せてくれるだろう。

 ユン・ソクホ監督は「違った魅力を持つヒロイン、キム・ユニとユリの共通分母は加工されていない純粋さを持っているという点だが、その面において清楚で明るく健康的なイメージのユナが主人公にぴったりだと判断した」と言い、また「ユナの少女らしさと清純さが童話のようなラブストーリーを更に美しく輝かせてくれると確信している」と付け加えた。

 ユナは「感動のドラマとして記憶している『秋の童話』や『冬のソナタ』を演出されたユン・ソクホ監督と一緒に作品を作ることができて夢みたいです。そして本当に光栄です。ご期待に添えるよう全力を尽くします」と話した。

 時代を超えた男女間の純粋な愛をロマンティックなストーリーと美しい映像で表現したドラマ「愛の雨」は 9月末に本格的撮影に入り、2012年の上半期に放送することを目標としている。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース