日本禁煙学会、厚労相にたばこ1箱1,000円を要望

2011年9月12日 22:26

小

中

大

印刷

日本禁煙学会は12日、たばこを1箱1,000円にすることを求め、小宮山洋子厚生労働大臣に要望書を提出した。

日本禁煙学会は12日、たばこを1箱1,000円にすることを求め、小宮山洋子厚生労働大臣に要望書を提出した。[写真拡大]

写真の拡大

 日本禁煙学会は12日、たばこを1箱1,000円にすることを求め、小宮山洋子厚生労働大臣に要望書を提出した。

 同会が公開した要望書では、現状の国内のたばこの価格が先進国中で最低の水準であると指摘。たばこの価格を先進国の大勢である700円から1200円の範囲に合わせて、1箱1,000円とすべきとしている。

 また、値上げは税だけで行い、税収増となる分は超過医療費の補給、葉たばこ農家の転作、小売業者の転業への助成金とすることを提案している。