コメ先物取引が72年ぶりに復活 東穀取と関西商取で

2011年8月8日 12:41

小

中

大

印刷

 コメ先物取引が8日、東京穀物商品取引所と関西商品取引所でスタートした。1939年以来72年ぶりの復活となる。

 東京穀物商品取引所のコメ先物取引要綱によると、取引に用いられる「標準品」は、関東産コシヒカリ(茨城県産・栃木県産・千葉県産)。

 また、呼値は60kg(1俵)で、呼値の単位は10円。取引時間は、日中取引が9:00~15:30、夜間取引が17:00~19:00。取引単位は、6,000kg(100俵・200袋)となっている。

 一方、関西商品取引所では、取引に用いられる「標準品」は、北陸産コシヒカリ(石川県産及び福井県産)。

 呼値は60kg(1俵)で、呼値の単位は10円。取引時間は、前場が第1節(9:00)、第2節(10:00)、第3節(11:00)で、後場が第1節(13:00)、第2節(14:00)、第3節(15:00)。取引単位は、 3,000kg(50俵)となっている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース