英語の公用語化を超えて:進むガラパゴス化(1/2)

2011年5月2日 17:35

小

中

大

印刷

■大小100隻以上のタンカー、貨物船、はしけが・・・
 
 この原稿を、今シンガポールで書いています。欧州系の製薬会社さんのアジア・パシフィックのオペレーション課題のワークショップを2日間仕切るために来ました(※編注:本記事は4月27日に執筆されたものです)。
 
 この連載の初回は、英語を公用語ということにして恥ずかしがる社員を少しでもバックアップすることがよいのではないかという意見を書きました(第1回コラムへ)。
 
 そして2回目は、英語の上手下手じゃなくて、要は何がイイタイコトかである、ということを伝えようとしました(第2回コラムへ)。
 
 3回目の今回は、今までの英語シリーズの一応の結論として「だってそうでもしないと、更においていかれるだけなんだってば!」という、やや感情論も入っているお話をしたいと思います。
 
 そのためになぜ船が大事かというと、結局分かりやすい経済指標なんですね。
 
 今日夕方5時位にシンガポールの玄関口、チャンギ空港に着きました。シンガポールの港からマーライオンや、最近できたカジノがある超高級ホテル、マリーナサンズを左にして着陸体制に入ります。
 
 高度を下げて目にするのは、船、船、そしてまた船。かなりのラッシュです。そして、やや沖合には順番待ちの大型船の群れ・・・。
 
 最後にシンガポールに来たのは去年の秋だから半年ぶりですが、全く衰えていません。船の数を見れば大体分かります。
 
■英語と中国語で「シンガポールへの不動産投資」の小冊子が・・・
 
 そしてお客さん指定のオーチャードロードのホテルにチェックイン。部屋の机の上には「Guide to Investing in Singapore Real Estate」という英語の小冊子。そして全く同じ小冊子の中国語版。なぜか机の上のウェルカム文書は英語と中国語でした。日本語は無し。いやー、これにはちょっと驚きました。今まで泊った時にはさすがに部屋に投資案内の小冊子はおいてなかった・・・。このホテルだけかなー。
 
 英語は分かるが、中国語・・・。日本語は無し。
 
 まぁ、たしかにアジアは一般的には中華系の人々がコントロールしています。でもなー、分かりやすいよねー。一昔、というか10年、20年前はアジアのいわゆるビジネス客が使う高級ホテルに泊まっているのは、欧米人ビジネスマン+日本人、一部華僑系の「超お金持ち(でもこの人たちは、例外。そして桁違いにお金持ちオーラがでている)」というのが普通でした。
 
 ところが、最近はアジアのホテルに行っても、値段が高いところに泊ってる日本人出張者の数がめっきり減っています。数が減っただけで、中級に流れているならまだしも、恐らく数自体も減っている感じ。
 
 一方で、台頭してきているのが明らかに中華系の普通のビジネスマン、インド系そして韓国人。それからアジア人ではあるのだろうが国籍不明の人々や中東系・・・。つまり、文字通り「ミックス」、最近日本が真剣に取り組まないといけないという意味の言葉だと「ダイバーシティー」です。

>>次ページ 高度な英語なんて本当に関係ない。大事なのは気力と気迫

著者プロフィール

太田 信之

太田 信之(おおた・のぶゆき) バレオコンマネジメントコンサルティング パートナー / アジアパシフィック代表

グローバルコンサルティング会社”バレオコン”のアジア圏責任者として、日本・アジア各国での戦略実行に関わるコンサルティングを提供しています。
プロジェクトを立上げ、従業員の皆さんを活性化し実行力を付けながら事業上の成果を出すための方法論とコーチングを提供。新商品・サービス企画から導入、現地法人と日本本社の海外事業部門との間の課題解決など、測定可能な目標の構築、達成、実現をお客様と共に目指します。
JMAM人材教育にて「組織の壁を破る!CFT活動のすすめ」等を連載。グロービスマネジメントレビュー「実行する組織のマネジメント」(共著)
会社URL http://www.valeoconjapan.jp
ツイッターアカウント @NobuyukiOta

記事の先頭に戻る

「経営・マネジメント」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース