iOS版Facebookアプリ、密かにカメラへアクセスすることが判明

2019年11月16日 16:00

iOS版のFacebookアプリが密かにカメラへアクセスすることが判明した(The Next Webの記事9to5Macの記事発見者 Joshua Maddux氏のツイート)。

発見者のJoshua Maddux氏がTwitterへ投稿した動画によると、Facebookアプリで 任意のアカウントのプロフィール写真を開き、写真をスワイプするとフィードの左側に空いた隙間にリアカメラからの映像が見える状態になるようだ。常時カメラがアクティブになっているのか、該当の操作を実行した場合にのみアクティブになるのかは不明だ。

Maddux氏によればiOS 13.2.2を実行する5台のiPhoneで再現したという。一方、iOS 12を実行するiPhoneでは再現しなかったが、カメラにアクセスしていないとは限らないとも述べている。なお、The Next Webによると、iOSの設定でFacebookアプリによるカメラの使用を許可しなければブロックできるとのこと。

スポンサードリンク

FacebookのGuy Rosen氏はMaddux氏の報告に謝意を示しつつ、バグのようなので調査していると返信した。Maddux氏はこの回答について、バグ(bug: 盗聴器)を使って人々の生活を調査しているんだね、と面白がっている。

この問題についてFacebookは、11月8日にリリースしたバージョンに誤って追加されてしまったバグであり、修正版を今日(12日)にAppleへ送ったとThe VergeのJay Peters氏に伝えたとのこと。Peters氏は翌日に修正版が公開されたようだと書いているが、本人は問題の挙動を確認できていないとのことなので実際に修正されたかどうかは不明だ。なお、現在の最新版は11月12日付のバージョン247.0(その前のバージョンは11月7日付)となっている。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | YRO | バグ | Facebook | iOS | プライバシ

 関連ストーリー:
Facebookの一部ユーザーは顔認識機能のオプトアウトができない? 2019年05月24日
Facebook、最大150万人のユーザーからサインアップ時に連絡先情報を無断収集していたことを認める 2019年04月20日
Facebook、女性の友達の写真は検索できるが、男性の友達の写真は検索できないバグ 2019年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

TwitterFacebookiOSAppleiPhoneMaciOS 12iOS 13