2020-02-18 23:00:00

Boardインターナショナルの急成長、2019年も続く

プレスリリース発表元企業:BOARD International
Boardインターナショナルの急成長、2019年も続く

大手意思決定プラットフォームベンダーが11年連続の20%超え収益成長を発表

(CHIASSO, Switzerland & BOSTON)-Board Internationalは、2019年の世界全体での収益が8,880万スイスフラン(9,150万米ドル)を記録し、前年から20.4%増加したことを発表します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200218005584/ja/

Boardインターナショナルの急成長、2019年も続く (Graphic: Business Wire)Boardインターナショナルの急成長、2019年も続く (Graphic: Business Wire)

同社の主力意思決定プラットフォームの革新的最新バージョン「Board 11」のリリースにより、Boardのクラウドおよびレンタルライセンスの売上は77%増加しました。また、計画、分析、予測におけるデジタル変換プロジェクトの実装とサポートに注力し、プロフェッショナルサービスも9%増加しました。

BoardインターナショナルのCEO兼共同設立者であるジョバンニ・グロッシは次のように話しています。「この10年間に、Board Internationalは大きなレベルの成長を遂げました。この傾向が2019年も続いていることを嬉しく思います。この継続的な成功は、企業の意思決定変革に対する弊社のコミットメントが市場に大きな影響を与えていることの証だと思います。」

2019年は、Nestle, Pepsi Bottling Ventures, BASF, Marks & Spencer, CNH Industrial, Decathlonなど、多くのグローバル企業に採用され顧客基盤を拡大しました。これら企業は、ビジネスインテリジェンス、シミュレーション、計画、および予測分析機能を統一された一つのプラットフォーム上で活用し、意思決定プロセスの改善に向けてBoardを選択しました。

このBoardの結果は、2019年1月にBoardの株式の過半数を取得した大手プライベートエクイティ投資Nordic Capital(ノルディック・キャピタル)社の支援も寄与しています。ノルディック・キャピタルはBoardの経営層と共に、組織及び技術への投資を通じて、同社のグローバル成長を引き続き支援します。

### Ends ###

Boardについて

Board International は、1994年に設立されたスイスと米国ボストンに本社を置くソフトウェア企業です。企業の意思決定を支援するビジネスインテリジェンス(BI)、EPM(経営管理)及び予測分析アプリケーションを一つのプラットフォームで実現するBoardを提供しています。Boardの意思決定プラットフォームを活用することで、正確で包括的な事業データを一元的に把握し、経営戦略からオペレーションの実行まで企業全体のパフォーマンスを管理することが可能です。Coca-Cola, リコー・ヨーロッパ, KPMG, Puma, SiemensやZFグループといった大手グローバル企業がBoardを導入しています。www.board.com



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200218005584/ja/

連絡先
Andrea Alfieri
Head of Strategic Marketing
aalfieri@board.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース