担当者の人件費増加で困っている企業に朗報!Webマーケティングで売上げを自動最大化させる『オートSNSフリー4000』

プレスリリース発表元企業:データマーケティング株式会社
オートSNSフリー4000(1)

オートSNSフリー4000(2)

オートSNSフリー4000(3)

「自分たちが本当に欲しいと思えるツールをつくる」というポリシーのもと、マーケティングを加速させるためのツールを自社開発しているデータマーケティング株式会社(代表:加藤 将太、本社:東京都渋谷区)は、SNSを活用したWebフルオートマーケティングを実現した『オートSNSフリー4000』を発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203699/LL_img_203699_1.png
オートSNSフリー4000(1)

【従来のSNS‐Webマーケティング】
従来LINEの企業向けアカウント「LINE@」は、月間数万円から数十万円の費用が必要でしたが、2019年4月に「LINE公式アカウント」に統合され、月額無料から使えるようになりました。それに伴い圧倒的に開封率の高いLINEのビジネス利用が本格化することが予想されます。
こうしたLINEを用いたマーケティングツールはいくつか存在しますが、大手のプランは下記のように費用がかかり、導入するには少々ハードルが高くなっています。

スタートプラン
A社 :2,980円
B社 :5,000円
送信可能通数:1,000通
機能制限 :あり
最低契約年数:あり

スタンダード(ベーシック)プラン
A社 :21,780円
B社 :39,800円
送信可能通数:15,000通
機能制限 :あり
最低契約年数:あり

プロ(プレミアム)プラン
A社 :32,780円
B社 :69,800円
送信可能通数:45,000通
機能制限 :なし
最低契約年数:あり


【『オートSNSフリー4000』の特徴】
『オートSNSフリー4000』はLINEとFacebookの双方に対応した最高性能のステップ配信ツールで、友だち追加してから販売・集金までを全自動化し、顧客対応も半自動化しているツールです。
2020年2月28日には従量課金制に完全移行するLINE公式アカウントですが、このツールは反応しない顧客を自動的に送信リストから外すため、従量課金対策にもなり最小限の費用で最大限の効果が期待できます。
料金プランは3プラン用意されており、フリープランでは初期費用0円で機能制限なく毎月4,000通まで無料で利用できます。そのため、個人事業主でも気軽に導入できるサービスとなっています。

スタートプラン
『オートSNSフリー4000』:無料
送信可能通数 :4千通/月
機能制限 :なし
最低契約年数 :なし

プロプラン
『オートSNSフリー4000』:8,800円
送信可能通数 :1.5万通
機能制限 :なし
最低契約年数 :なし

ゴールドプラン
『オートSNSフリー4000』:27,000円
送信可能通数 :6万通/月
機能制限 :なし
最低契約年数 :なし

また、実績のある売れるテンプレートを搭載しており、誰でも簡単にシナリオを作成してシナリオ遷移をフルオートで行うことが可能になりました。
このシステムを活用して人の可能性を最大化させることにより、4,000人の顧客を一人で対応して、年商を1億円以上にした事例もあります。


【『オートSNSフリー4000』の詳細】
・友だち追加するだけで即日利用可能
・LINEとFacebookの双方に対応しており、シナリオの共有が可能
・LINE、Facebookの初期設定マニュアルや各画面操作の動画マニュアルが付与
・フリープランでも機能制限なく月4,000通の送信が可能
・反応のない顧客への送信を自動的に停止するため、従量課金対策ができる
・売上実績のあるテンプレートを複数搭載
・シナリオ遷移を簡単に行うことが可能
・集客から販売、集金までの一連を全自動で行い、顧客対応も半自動化されている
・他ツールのユーザーにも、ワンクリックさせるだけで当ツールへの移行が完了する


【今後の展開】
現在までこの最高性能のツールを知識がなくても誰でも気軽に扱えるよう環境を作り上げてまいりました。今後はストレージ機能などの更なる機能の追加やAIを搭載することによって、よりお客様が大切な業務に集中できるようにしていくよう努めてまいります。


【会社概要】
名称 : データマーケティング株式会社
所在地 : 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1丁目22-3 シルバープラザ恵比寿504
代表 : 加藤 将太
問い合わせ先: 090-4270-9851
URL : https://autosns.jp/top


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース