きえーる Uシリーズ、「どうぶつ用」を新発売!~ 香りでごまかさない ~ 天然成分100%でふん尿臭をスッキリ消臭!ペット、動物、植物に安心無害の消臭液を9/26販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社環境ダイゼン
イメージ

きえーる Uシリーズ どうぶつ用 (本体:スプレーボトル)

きえーる Uシリーズ どうぶつ用(詰替用)

株式会社環境ダイゼン(本社:北海道北見市、代表取締役社長:窪之内 誠)は、使い勝手にとことん拘り日常生活を便利に、そして快適にしていく、100%天然成分でありながら抜群の消臭力を持ったバイオAW(活性水・酵素)消臭液『きえーる Uシリーズ』から、「どうぶつ用」を、2019年9月26日に販売開始いたします。

「ホームページ」 https://kankyo-daizen.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/LL_img_192829_1.jpg
イメージ


【きえーる「どうぶつ用」開発の背景】
きえ~るUシリーズは消臭液を日常生活に溶け込むようデザインした「バイオ消臭剤きえ~る」のシリーズです。香りでごまかさない消臭液、誰もが使いやすい消臭液、安心・安全な消臭液、水より綺麗な消臭液として、身の回り用、洗濯用、加湿器空気清浄機用、クルマ用を発売してまいりましたが、お客様からペット用のふん尿臭を消臭するシーンでも活用できる商品が欲しいとのお声をいただいていたことから、この度「どうぶつ用」を開発いたしました。


【SDGsの取り組み】
環境ダイゼンはSDGsの考え方に賛同し、持続可能な社会を目指す事を目標としております。
旧来より当社の製品製造工程においては、持続可能を前提とする組み立てをおこなってまいりました。「公害の原因となっていた牛の尿を、付加価値をつけて別の製品にし、それを使用することで更に地球を健康にしていく」そういった独自のモデルをアップサイクル型循環システムと呼び、磨きをかけてきました。このサイクルにおいては、消費者も公害のもとである牛の尿の処理に貢献した事になり、循環していきます。


【きえーる「どうぶつ用」の特長】
有用微生物を発酵培養することで生み出されるバイオAW(活性水・酵素)を含有した天然成分100%、ペット、動物、植物に安心無害の消臭液です。ふん尿臭・ケージ周りのニオイなどを香りでごまかさずスッキリ消臭抗菌します。
屋外タイプ(有色液)は、庭の土や芝生・ケージ周り・ドッグランなどに染み付いた屋外のふん尿臭・マーキング臭をニオイの元からスッキリ消臭抗菌します。


【きえーる「どうぶつ用」の概要】
商品名 :きえーる Uシリーズ どうぶつ用
効果成分:スプレータイプ・液体タイプ:バイオAW(活性水・酵素)
ゼリータイプ:バイオAW(活性水・酵素)吸水ポリマー
液性 :弱アルカリ性
生産 :日本
用途 :ペットのふん尿臭・体臭・ケージ周り空間などの
気になるニオイをスッキリ消臭・抗菌

- 効果と安全性の検証
■抗菌活性試験:帯広畜産大学 獣医学科
■消臭試験 :日本赤十字北海道看護大学・北見工業大学バイオ環境化学科
■急性単回投与毒性試験:日本赤十字北海道看護大学
■皮フ貼付試験:日本赤十字北海道看護大学

- 使用方法
<スプレータイプ>
ペットのふん尿臭には、直接スプレーして下さい。体毛・口・肛門まわりの気になるニオイには直接スプレー、又はガーゼ等に浸透させて拭いて下さい。
水槽の消臭には水の交換時に本品を水1Lに対して1ml投入して下さい。
ケージ周りや昆虫マットの消臭には直接スプレーして下さい。

<ゼリータイプ>
フタ裏の銀色パッキンを取り外して使用してください。目安として、6~8畳のお部屋に1個置いてください。気温や湿度の変化で一定ではありませんが、1.5~2ヶ月効果が持続します。

<屋外タイプ>
ペットのふん尿臭・マーキング臭はニオイにより原液、または3~10倍に水で希釈して散布してください。
庭の土や芝生のおしっこ臭には本品を散布した後、じょうろ等で土を湿らせる程度に散水すると効果的です。

- 商品種類
きえーる Uシリーズ どうぶつ用 (本体:スプレーボトル)
内容量 :300ml
販売価格:1,058円(税込)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_2.jpg
きえーる Uシリーズ どうぶつ用 (本体:スプレーボトル)

きえーる Uシリーズ どうぶつ用(詰替用)
内容量 :500ml
販売価格:1,382円(税込)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_3.jpg
きえーる Uシリーズ どうぶつ用(詰替用)

きえーる Uシリーズ どうぶつ用(詰替用)
内容量 :1L
販売価格:2,484円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_4.jpg

きえーる Uシリーズ どうぶつ用 ゼリータイプ 無香(本体)
内容量 :140g
販売価格:734円(税込)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_5.jpg
きえーる Uシリーズ どうぶつ用 ゼリータイプ 無香(本体)

きえーる Uシリーズ どうぶつ用 ゼリータイプ 無香 (詰替用)
内容量 :480g
販売価格:1,468円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_6.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 屋外タイプ (本体:シャワーボトル)
内容量 :500ml
販売価格:950円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_7.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 (詰替用ボトル)
内容量 :1L
販売価格:1,404円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_8.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 大容量(透明)
内容量 :5L
販売価格:10,800円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_9.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 屋外タイプ詰替(有色)
内容量 :5L
販売価格:5,400円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_10.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 大容量(透明)
内容量 :10L
販売価格:19,440円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_11.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 屋外タイプ詰替(有色)
内容量 :10L
販売価格:8,640円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_12.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 大容量(透明)
内容量 :20L
販売価格:37,800円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_13.jpg

きえーる Uシリーズ どうふつ用 屋外タイプ詰替(有色)
内容量 :20L
販売価格:16,200円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/192829/img_192829_14.jpg


■会社概要
会社名 : 株式会社環境ダイゼン
所在地 : 〒099-2103 北海道北見市端野町三区438-7
電話番号 : (0157)67-6788
FAX番号 : (0157)67-6618
ホームページ : https://kankyo-daizen.jp/
代表 : 代表取締役社長 窪之内 誠
設立年月日 : 平成18年2月9日
業務内容 : ・有用微生物群を発酵培養した「バイオ活性水」の消臭力
・土壌改良などの効果に着目した商品開発、販売、製造
・木酢液を利用した商品開発、販売、製造
・その他環境保全や改善に寄与する商品開発、製造
顧問弁護士事務所: 弁護士法人内田・鮫島法律事務所
URL : http://www.uslf.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース