ブライソン、「MONETコンソーシアム」に参画

プレスリリース発表元企業:ブライソン株式会社



ブライソン株式会社(本社:横浜市、代表取締役:橋満士郎、以下「ブライソン」)は、
MONET Technologies株式会社が設立した、モビリティイノベーションの実現に向けた
企業間の連携を推進する「MONETコンソーシアム」に参画いたしました。

ブライソンはコア事業である、IVIを初めとする車載システム、モバイルシステム開発資産を活かし
自動運転を見据えたMaaSとの融合などのモビリティ社会の実現に向けて、
「MONETコンソーシアム」においても試作開発含めソフトウェアを通じて貢献してまいります。


■「MONETコンソーシアム」
ソフトバンク株式会社やトヨタ自動車株式会社などの共同出資会社である
MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)が、次世代モビリティサービスの推進と、
移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指し、多様な業界・業種の企業間連携を
推進するために設立したコンソーシアムです。
詳細については公式サイトをご参照ください。
https://www.monet-technologies.com/consortium/


[画像: https://prtimes.jp/i/26472/16/resize/d26472-16-439940-0.jpg ]

ブライソン株式会社
横浜市中区山下町25番地15 フューチャー山下町5F
URL:https://www.brison-inc.jp/

【お問い合わせ先】
e-mail:customer@brison-inc.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース