2019-05-20 12:39:00

タンペレ市:フィンランドの美しい湖畔の都市で国際的なアイデアコンペを実施

プレスリリース発表元企業:City of Tampere
タンペレ市:フィンランドの美しい湖畔の都市で国際的なアイデアコンペを実施



(フィンランド・タンペレ)- (ビジネスワイヤ) -- 2019年5月15日からタンペレ市中心部に近い非常に活気あふれる地区のヴィイニカンラーティで国際的なアイデアコンペがスタートしました。参加者には、ピュハヤルヴィ湖畔に3000人以上が暮らせる住宅地と、地元民と観光客のためのレジャー環境を設計していただきます。人口約37万人で持続可能な形で成長しているタンペレ市は北欧諸国最大の内陸都市で、近隣自治体と合わせてフィンランドで2番目に大きい都市部を形成しています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190519005046/ja/

2019年5月15日からタンペレ市中心部に近い非常に活気あふれる地区のヴィイニカンラーティで国際的なアイデアコンペがスタート。(写真:Lentokuva Vallas) 2019年5月15日からタンペレ市中心部に近い非常に活気あふれる地区のヴィイニカンラーティで国際的なアイデアコンペがスタート。(写真:Lentokuva Vallas)

誰もが参加できるこのアイデアコンペの目的は、高品質の建築を誇り、21世紀のニーズを満たすエコで持続可能な新しい都市地区を創造することです。コンペの課題は非常に興味深いものです。ユニークなヴィイニカンラーティ地区はタンペレ市中心部で最も美しい湖の景観を誇りますが、環境面の課題もあります。コンペの対象エリアの面積(土地と水域)は約0.4ヘクタールです。この地域で現在操業している廃水処理施設は他の場所に移す予定です。コンペ終了後、マスタープランと地元の詳細計画がこの地区用に準備されます。2024~2035年に段階的に環境を浄化し、新しい都市地区を建設します。

この国際的なアイデアコンペは主にデジタルで実施し、フィンランド内外から多くの参加者を引き付けると見込まれています。コンペは2段階で行われ、計16万5000~34万5000ユーロの賞金が贈呈され、優勝者は2020年4月に選ばれます。このコンペは、フィンランド建築家協会(SAFA)とフィンランド修景建築家協会(MARK)の協力の下にタンペレ市が主催します。

タンペレ市の経済は、サービスとハイテクが中心です。革新的で持続可能なデジタルのスマートシティ・ソリューションが、企業、研究機関、地方自治体、住民と共にこの地域で生み出されています。タンペレ市の人口は年間3000人以上増加しています。この地域では常に新たな建設が行われており、その戦略に従ってカーボンニュートラルで持続可能な都市の成長を可能にするために、エコで低排出の新たな解決策が必要とされています。

コンペのウェブサイト:

www.tampere.fi/viinikanlahti

詳細情報:

https://businesstampere.com/

https://visittampere.fi/en/

ユーチューブ:@tampereenkaupunki

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190519005046/ja/

連絡先
Executive Director, Growth, Innovation and Competitiveness Services
Teppo Rantanen
+358 400235442
teppo.t.rantanen@tampere.fi

Project Director
Tero Tenhunen
+358 505402860
tero.tenhunen@tampere.fi

Project Development Manager
Minna Seppänen
+358 401509857
minna.seppanen@tampere.fi

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告