AIスタートアップ支援プログラム 「NVIDIA Inception Program」パートナー企業にアースアイズが認定されました

プレスリリース発表元企業:アースアイズ株式会社

万引きに特化した防犯システム「AIガードマン(R)」を提供するアースアイズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山内 三郎、以下「当社」)は、GPUディープラーニングプラットフォームを提供しているAIコンピューティングカンパニーであるNVIDIA Corporation(以下、NVIDIA)のAIスタートアップ支援プログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に本日認定されました。



[画像: https://prtimes.jp/i/43451/3/resize/d43451-3-161598-0.png ]

この認定により、NVIDIAの最新GPUハードウェアの利用やNVIDIAの技術支援を受けられるようになります。

当社が提供する「AIガードマン(R)」は、万引きを予防抑止する防犯システムです。通常の買い物客とは違う万引き犯特有の動きをリアルタイムで検知し、スマートフォンで通知を受け取った店員がお客様にお声掛けをして万引きを防ぎます。
「AIガードマン(R)」のカメラやサーバーに小型で世界トップクラスの処理能力を持つNVIDIAのGPUを搭載することで、店内映像をより正確かつスピーディな分析を可能にします。

当社は、今後、万引きの予防抑止だけにとどまらず、介護や工事現場などの幅広い分野に応用できるシステムの開発に邁進してまいります。


【NVIDIA Inception Programについて】

NVIDIA Inception Programは、人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としています。Inceptionは、仮想インキュベータープログラムとして設計されており、製品開発、プロトタイピング、および導入の段階でクリティカルな状態にいるメンバーを支援します。これには、ハードウェア付与や マーケティングサポートからディープラーニングエキスパートとのトレーニングに至るまで現行のメリットのカスタムセットが含まれています。

(URL:http://www.nvidia.co.jp/object/inception-program-jp.html


【アースアイズ株式会社について】
社名    :アースアイズ株式会社
本社所在地 :東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町ビル5階
代表者   :代表取締役 山内 三郎
資本金   :173,750千円
事業内容 :AI監視カメラシステム、AIガードマン(R)の開発・製造・販売
設立 :2015年9月
役職員数 :13名
公式サイト :http://earth-eyes.co.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース