メディカルビット財団発行「ASCAトークン」が上場

プレスリリース発表元企業:Medicalbit Foundation Co., Ltd.
メディカルビット財団発行「ASCAトークン」が上場



(エストニア・タリン)- (ビジネスワイヤ) -- エストニアでICOを行っているメディカルビット財団は「Asclepius Network」プロジェクトの第一歩として「ASCAトークン」の上場が決定いたしました。

Asclepius Networkでは世界中のすべての人に最先端医療を届けることをゴールとして、日本国内はもとより、初めにアジアをメインに事業を展開していきます。
プロジェクトのミッションは世界の最先端の医療の知とメディカルレコードをブロックチェーン上に集積し、世界中の人々が世界中どこでも最先端医療の恩恵を享受できる仕組みの構築です。そのために、日本をはじめ欧州、米国の医療最先端研究者のネットワークを構築しています。
具体的な取り組みとしては、新世代電子カルテの開発、メディカルレコード集積用のスマートフォン向けのアプリ開発を行っており、すでに日本国内において6件の特許を取得しております。
2019年には中国国内において年間数百万人の健康診断を手がける大手健診センターや、中国国内で数十の病院を運営する屈指の病院グループと協業で日本の最先端テクノロジーを使った血液検査センター、癌検査センターを立ち上げる予定です。
また、慢性疾患に対する日本の医薬品送致サービスの実証実験も開始しています。
この中国事業による事業規模は協業先との試算では年間数百億円〜数千億円になる見込みです。

また、世界中の人に最先端医療の恩恵を、というプロジェクト理念の具現化の為に国際連合(United Nations)が制定した持続可能な開発目標(SDGs)のプロジェクト参加のために、基金設立を行い医療僻地への医療の無償提供などの分野を中心に参加を計画しています。

これらAsclepius Networkに参加するために必要なものがASCAトークンになり、最先端医療を世界中のすべての人に届けるため、投資家・事業パートナーを募集しています。

上場内容:3月21日(木)JST10時
上場先取引所:TopForce
URL www.top-force.com/

今後は、中国での協業事業と同様にシンガポール、マレーシア、インドなどのアジア各国の事業者とも協業による世界展開を進めるとともに、上場取引所につきましても2019年4月以降、順次増やす計画をしています。

◆ICO実施会社: MEDICALBIT FOUNDATION OÜ
Harju maakond,Tallinn,Kesklinna linnaosa,Narva mnt 5, 10117

◆MBC URL https://www.medicalbit.ee/
◆ASCA URL https://www.asclepius.network/
◆プロジェクト委託会社: Japan Medical Solutions Co., Ltd.
Nihonbashi Ningyocho Ishii Building, 9F, 3-1-17 Ningyo-cho Nihonbashi, Chiyoda-ku, Tokyo
◆JPM URL http://www.jpmedsn.com/





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190314005009/ja/

連絡先
お問い合わせ窓口
メディカルビット財団
内山弘雄
info@medicalbit.io

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース