パパイヤ発酵食品「Immun'Age(イミュナージュ)」、4月10日をもってカーボンニュートラルを達成

プレスリリース発表元企業:株式会社大里インターナショナル

配信日時: 2023-04-10 10:00:00

Immun'Age(イミュナージュ)× 再生可能エネルギー実質100%「Greenでんき」

大里インターナショナルスタッフによる小川での草刈り

ORI WINE PROJECT 2022 楽しみなぶどうの収穫

株式会社大里インターナショナル(所在地:岐阜県揖斐郡)は、パパイヤ発酵食品Immun'Age(イミュナージュ)の製造における温室効果ガス(CO2)排出量削減に取り組み、「Greenでんき」導入により2023年4月10日をもってカーボンニュートラルを達成したことをご報告いたします。これからも更なる環境配慮に努め、カーボンポジティブの実現を目指してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/351892/LL_img_351892_1.jpg
Immun'Age(イミュナージュ)× 再生可能エネルギー実質100%「Greenでんき」

■Immun'Ageによる環境への取り組み
Immun'Ageは、製造過程における環境への負荷を減らすため、敷地内の植栽管理や再資源化を進め、CO2排出量をゼロにする「カーボンニュートラル」に向けて取り組んでまいりました。
その一環として、2002年に「環境」に対する国際規格認証であるISO14001を取得しました。2009年からは、身近な自然環境の保護に取り組む『ホタルの里づくりプロジェクト』として、ホタルが飛べる環境に向けて大里インターナショナルのそばに流れる小川の草刈りや清掃活動を続けています。また、地域の小学校と連携しホタルを通して「環境」を考える授業にも協力しています。
2012年からは、高齢化により継続困難となった地元・大野町の農地をワイン用のぶどう畑として再生しシニア世代の生きがいを造るプロジェクト、『ORI WINE PROJECT』も始まりました。この取り組みによる緑化は、CO2の吸収源対策としても大きな役割を果たしています。

Immun'Ageの製造を担う株式会社大里ラボラトリーは、2014年から太陽光発電を導入しソーラーパネルによる電力で製造を開始し、3年後にカーボンニュートラルを達成。2023年4月には、大里インターナショナルにおいても「Greenでんき」導入により、水力発電等の実質的に再生可能エネルギー100%の電気を使用することで、CO2排出量削減が可能となり、Immun'Ageの全製造工程におけるCO2排出量が実質ゼロとなりました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/351892/LL_img_351892_2.jpg
大里インターナショナルスタッフによる小川での草刈り

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/351892/LL_img_351892_3.jpg
ORI WINE PROJECT 2022 楽しみなぶどうの収穫

■Immun'Ageは「カーボンポジティブ」へ
太陽の恵みをたくさん受けて実るパパイヤは、栄養価の高い果物の一つとして知られ、近年その利点が多くの科学者からも注目を集めています。また、日本人の健康を支える理由の一つと言われるのが、古くから日本の食生活に取り入れられてきた味噌や納豆などの伝統的な発酵食品です。

この自然の恵みであるパパイヤと独自の発酵技術を結びつけて生まれたのがImmun'Ageです。Immun'Ageは、自然豊かな岐阜県大野町から世界に向けて、企業活動と地域環境の保全活動の調和を図り自然の恩恵を受け続けられる社会の構築に取り組んでまいりました。今後は、Immun'Ageを手に取っていただくことが更なる環境負荷削減につながるよう、地域と協力しながら緑化活動などを推進し、CO2吸収量をより多くする「カーボンポジティブ」の実現を目指してまいります。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/351892/LL_img_351892_4.jpg
Immun'Ageの製造を担う株式会社大里ラボラトリー

【大里インターナショナル概要】
名称 : 株式会社大里インターナショナル (OSATO International Inc.)
所在地 : 〒501-0501 岐阜県揖斐郡大野町稲富1956
代表取締役: 林 幸泰
URL : https://www.fpp-japan.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press