1949年誕生のフィルムカメラが新たなデザインで日本再上陸!「ヤシカフィルムカメラMF-1 全10型」が3月発売予定

プレスリリース発表元企業:株式会社ヤシカジャパン

配信日時: 2023-01-20 15:00:00

NATSUKA

ヤシカボーヤYM001

トイカメラYM002

株式会社ヤシカジャパン(所在地:神奈川県横浜市、代表:近藤 秀信)は、日本人デザイナー(山本 真之)がデザインしたヤシカフィルムカメラMF-1 全10型を2023年3月予定で発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/342152/LL_img_342152_1.jpg
NATSUKA

1949年ヤシカは日本に誕生しました。
73年の時を重ね、また新たな歴史をつくります。


■ヤシカのイメージ映像を公開
社会人になった彼女が憶い出の中にタイムリープし、過去の彼と手を繋いで現在に戻ってくる。
現在の大人になった二人が手に持つスマートフォンでは得られない一枚の写真が持つ膨大な記憶のデータ。
ヤシカ日本再上陸をここに表現してみました。私たちと一緒にフィルムカメラの良さを将来に繋げましょう。
URL: https://youtu.be/vj3puHS5cyk Filmed by Kiona


■商品開発の背景
現在の若い世代は、幼い頃からデジタルカメラやスマートフォンのレンズを使用して日々の生活を1分1秒で写真を取りやすくなりましたが、写真撮影はスピードと結果を追求するだけではなく、重要なのはその過程であると考えます。
ヤシカの願いはフィルム撮影をもっと広く、特に若い世代に繋げていく事です。フィルムカメラを生活の一部にもたらし、二度と来ない今この時を残していきたいと考えています。

写真撮影の裏にはストーリーがあります。レンズに映る細かな感情及び経過、最も真実な感情の瞬間です。
フィルムを巻き、フォーカスを合わせ、写真を撮る範囲を決め、シャッターを押す瞬間。友人、恋人同士との良い記憶、愛おしさを素に表現出来ます。
写真を撮るということは、現在の感触、情熱を最も直接的に表現できる道具です。
フィルム写真は私達の過去や印象を記憶から呼び戻す重要な道具であり、写真から人物との思い出を喚起することが出来ます。

今回ヤシカがローンチした10型の日本限定版のフィルムカメラは、各カメラにテーマがあり、トレンド、クラッシック、アートのデザインがされています。好きなデザインを持って出かけましょう。
コレクションとしても生活に彩りを与えます。是非ご購入して頂き貴重な光景を撮って行きましょう!


また、2023年1月31日(火)まで渋谷パルコ「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE(ブースタースタジオ バイ キャンプファイヤー)」にて、YASHICA MF-1 スナップアートフィルムカメラ(10アートコレクション)の展示を行います。

■開催概要
開催日時 : 2022年12月10日~2023年1月31日 11:00~20:00
会場 : 渋谷パルコ1F,15(ブースタースタジオバイキャンプファイヤー)
(〒150-0042 渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO1F,15)
公式サイト : http://booster.studio


【商品概要】
仕様 :Weight:95g/Size:11 x 3.2 x 6cm
対応フィルム :35mm(ISO400に最適化)
シャッタースピード:1/120秒
絞り :F11
フォーカス範囲 :1mから無限大
電池 :単3×1、フラッシュ用
バッテリー寿命 :約120回のフラッシュ*
フラッシュ寿命 :最大3,000回のフラッシュ**

*バッテリーの寿命は、バッテリーのブランドや種類によって異なります。
**フラッシュ寿命は、環境、温度、湿度によって異なります。


【会社概要】
商号 :株式会社ヤシカジャパン
所在地 :〒222-0032 神奈川県横浜市港北区大豆戸町902-2 大倉山ハイム4-810
代表者 :近藤 秀信
設立 :2022年11月16日


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press