ROBONのグループ通算制度対応システム『通算ロボット』が2021年12月1日より販売受付を開始 2022年度より適用が可能

プレスリリース発表元企業:株式会社ROBON

配信日時: 2021-12-01 11:00:00

通算ロボット_ロゴ

株式会社ROBON(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荒木 岳夫、以下 ROBON)は、2022年4月以後の事業年度から適用が開始されるグループ通算制度対応システム『通算ロボット』の販売受付を2021年12月1日より開始いたします。


【『通算ロボット』で出来ること】
(1) 完全クラウド対応のグループ通算制度対応システム
(2) グループ通算制度に対応した税額計算・税効果計算
(3) 「振替ロボット」で連結納税制度の申告データから個社分の申告データを再現し、グループ通算制度の適用初年度へデータ繰越
(4) ご利用中の他社申告書作成ソフトで作成した申告データも本システムへインポートが可能
(5) 電子申告まで一気通貫でご利用可能
(6) 「決算ロボット」のサービスと併用して、会計データと自動連携し、申告書作成業務の大幅工数削減

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/287137/LL_img_287137_1.jpg
通算ロボット_ロゴ

【2022年1月6日より『通算ロボット』販売開始。トライアルのご利用をいただけます。】
2022年1月6日より『通算ロボット』の販売開始いたします。また同タイミングよりトライアルのご利用になれますので、そのお申込みを2021年12月1日より開始いたします。『通算ロボット』を実際にご利用いただく条件下でご評価いただき、システム導入の本格的なご検討を行っていただけたらと思います。完全クラウドでのサービスになりますので、ブラウザで完結する本システムの通算グループの管理方法や実際の税額計算、税効果会計の使い勝手など是非体感ください。


【ROBONの目指す姿】
ROBONでは、クラウド上のデータをWEB-APIで連携することで、専門知識と作業に時間が掛かっていた業務の軽減化を目指しております。今回の『通算ロボット』もそのコンセプトに基づいて作られており、時間・場所・クライアントライセンス数の制約から解放します。さらに先行して提供している「決算ロボット」のサービスは、会計ソフト/ERPソフトとWEB-APIで自動連携してデータを取得、そこから申告に必要なデータへ加工を行い、法人税申告書を作成するものです。今回の税制改正で、通算グループの各法人にて個別申告が必要になりましたので、個社様の申告書を作成する工数を大幅に削減できるサービスとなっています。そして、最終的に目指す姿は「AIによる決算・税務業務の完全自動化」です。
事業会社の皆様には、実務の工数削減を、税理士/会計士の皆様には、時間創出のための新たな価値を提供して参ります。


【会社概要】
商号 : 株式会社ROBON (ロボン)
所在地 : 〒163-0726 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル26階
設立 : 2019年4月
代表者 : 代表取締役社長 荒木 岳夫
資本金 : 80百万円
株主構成: 株式会社豆蔵K2TOPホールディングス 100%
URL : https://www.robon.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press