熱傷用軟膏の市場規模、2026年に11億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-22 12:00:00

熱傷用軟膏の市場規模、2026年に11億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「熱傷用軟膏の世界市場:熱傷の深さ、製品、最終用途、地域別 - 業界分析および予測(2020年~2026年)」(KBV Research)の販売を6月21日より開始いたしました。

熱傷用軟膏の市場規模は、2020年~2026年にCAGR5.7%で成長し、2026年には11億米ドルに達すると予測されています。火傷は、電気、化学、電磁、熱などのエネルギーによる熱暴露によって引き起こされる物理的損傷の一形態です。また、その大きさと深さに応じて、火傷の重症度が決定され、第1度、第2度、第3度に分類されます。火傷の治療は、その程度に応じて行われます。火傷の治療に使用される製品には、高度熱傷治療薬、生物学的製剤、従来の熱傷治療薬などがあります。これらの製品は、瘢痕化リスクの低減、痛みのコントロール、感染の防止、死んだ組織の除去、機能の回復など、様々な合併症の予防に役立ちます。また、子供は偶発的な火傷を負います。火傷の発生率が増加しているため、さまざまな火傷治療オプションの需要が高まっています。

患者の院内感染(HAI)のリスクを防ぐため、火傷治療の製造に携わる企業は、合併症やその他の健康リスクを最小限に抑える改良型のスルファジアジン銀(SSD)クリームを発売しています。さらに、銀を含むドレッシングに、防腐効果があり、治癒を早める蜂蜜を加える実験も行われています。また、ヘルスケア企業は、次亜塩素酸ナトリウムを注入したドレッシングの研究に力を入れており、SSDドレッシングと比較して、より早い治癒効果が期待できます。

製品別見通し
市場は製品別に、局所抗生物質、銀、ヨウ素、その他に分類されます。2019年は、局所抗生物質セグメントが最大シェアを占めました。このセグメントの成長は、在宅医療の現場で局所抗生物質が多く使用されていることと、世界各国で凍傷の発生率が増加していることに起因しています。Mafenide acetate、Mupirocin、Neosporin、Bacitracin、Polymyxin B、Nitrofurazone、Nystatinなどが外用抗生物質の一例です。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988551-global-burn-ointment-market-by-depth-burn-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
 


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress